ランドオブハンモックユーチューバがヤバい

お久しぶりです。エンドです。
久々の配信です。

ある計画を遂行していて、2015年は年収が1億越えそうです。

11月15日〜17日で沖縄県の石垣島に行ってきました。
天気には恵まれませんでしたが、この時期最高の環境でした。

あ、旅行ではありませんよ。

僕が入っているYouTubeで稼ぐための全てが理解できる
ランドオブハンモックのセミナーに参加してきました。

マジで成果出している人が多すぎてビビります。

こんな集団は他にいないと確信しました。
ネットビジネスで成果が出ていない人、入ろうかやめようか少しでも迷った人。

僕自身、ランドに入ってから年収が3000万を越えました。

今ネットビジネスをやろうとしている方は、本当に入った方が良いと思います。
きちんとやれば商品代なんて1ヶ月で取り返せます。

上位5%とか10%とかいう次元ではなく50%以上の方は稼いでいます。
Facebookにメンバーページがあるのですが、そちらも常に栄えています。

成果を出している人はいっぱいいますが、特に成果をあげている古田さんという方は
開始して1ヶ月で100万程度稼いでます。

古田さんが何をやっているかも公開されているので、行動すれば稼げない理由がありません。

そして、このYouTubeで稼ぎまくる集団に僕のお得意のプログラムで
商品を販売することにしました。
YouTubeの説明文とタグ情報を一瞬にして生成してくれます。

価格は20000円です。(まだ商品登録中で販売してません。)

→http://youtuber-jp.info/yo/index.html

しかし、僕からランドを購入してくれた方には今、無料でプレゼントします。
もちろん、既に僕から買ってくれた方には無償でプレゼントしています。

→ http://bit.ly/Z2ZGVa

僕はこれからもランドで稼ぎます。本当に稼げちゃいます。
そして、ランドはYouTubeの知識が全て入り、稼げるだけでなく、
販売者の白石さん含め、たくさんの億万長者と人脈をつくることができます。

ビジネスで最も重要な人脈まで手に入ってしまいます。

億レベルに稼げる情報は稼いでいる人からしか流れませんので、
是非ランドで最高の人脈を手に入れて下さい。

一緒に石垣島でバカンスできることを楽しみにしてます。
僕は本当に一緒に行きたいです。

一流の仲間達と一緒に南国の島にいくチケットを手に入れる
→ http://bit.ly/Z2ZGVa

エンド

嫁の起業家マインドが洗練されてきている

お久しぶりです。
エンドです。

ちょっと色々な仕事をしていたので中々時間取れませんでしたが、
心配して下さる方もいらっしゃいましたので、これから定期的に更新していこうと思います。

で、いきなりですが。
嫁の起業家マインドがヤバいです。

先日から僕の嫁も、ネットビジネスをはじめています。
ネットに関する知識が全くない状態からのスタートなので、テクニック的なところは
まだまだといったところですが・・・

ビジネスをはじめる前から、僕の話をずっと聞いてくれていたせいか
マインド面は既に一流。

今日は二人で都内のスパにマッサージを受けに行く予定でした。

しかし、嫁は仕事の進みがあまりよくなかったみたいで、
さえない顔をしていました。

これからスパに行って、リラックスしにいこうとタクシーに乗ってから、

嫁「やっぱり、今日は不完全燃焼だから帰って作業がしたい。」

実は僕もやるべきことが終わっていなかったのですが、
マッサージ気持ちいいし、まぁ今日はいっかーという気持ちでした。

嫁のほうがマインド強しです。

その後、タクシーにのって、どこもよらずに家に直帰。
お会計4000円です。

一見、4000円を無駄にしただけに思えますが、
自分に打ち勝ったという点で、計り知れない価値があると思っています。

帰ってからは最高の生産性で今までビジネスをしておりました。
4000円なんて額は遥かに越えるキャッシュを生み出しています。

ちなみに嫁はITに詳しくないですが、既に月に40万程稼いでいます。

ランドオブハンモックと僕のノウハウやマインドを身につけているので
ビジネス開始2ヶ月目にして月に40万円を稼いでいます。

おそらく、最速で結果を出している部類かと思います。

正しいやり方に正しい努力が加われば
これほど簡単に結果が出てしまいます。

もし、あなたが結果を出せないでいるなら、
おそらく学んでいるノウハウが悪いか、単純に努力ができていないかです。

最先端のノウハウは僕が知っていますので、
本気で稼ぎたい方は僕に連絡下さいね。

お待ちしております。

ところで、世の中的にはもう3連休終わったんですね。

皆さんはどんな3連休をお過ごしになったでしょうか。

おもしろいことあったらシェアしてくださいね!

明日から頑張りましょう!

最後までお読み頂きありがとうございました。

エンド

7つの習慣 刃を研ぐ Chapter7

こんばんわ
エンドです。

この動画では7つの習慣の最後の習慣「刃を研ぐ」について解説していきます。

全て物事においてより大きな成果を出すために第1~第6の習慣を日々実践し、自分を鍛える事で切れ味を高めていきましょう。

さっそくまりいましょう。

最後の習慣、「刃を研ぐ」では肉体・精神・知性・社会、情緒という4つの側面で
バランスよく刃を研ぐための時間を取る習慣が成功への最短ルートだと明言しています。

肉体的側面で刃を研ぐとは、運動によって身体をメンテナンスすることを指します。

これは持久力・柔軟性・強さという3つを鍛える事ができ、健康的な身体なら第1の習慣「主体的である」も続けることができます。

精神的側面で刃を研ぐとは、自らの価値観を深く見つめる事を指します。

読者や音楽鑑賞、自然の中に身を置くことなどで、自分の心と向き合うことを定期的に行いましょう。

そうすることで第2の習慣であるブレない本当の自分を深いレベルで手に入れる事が出来ます。

知的側面で刃を研ぐとは、情報収集力や選択力を磨くことを指します。

第3の習慣に基づき自分の目的や価値観にあった番組や優れた本を読むことを習慣づけましょう。

自分の考えや経験を日記やブログにアウトプットすることも非常に効果的です。

社会・情緒的側面で刃を研ぐとは、人間関係においても自分の価値観を忠実にふるまう事を指します。
仕事やボランティアによる社会貢献などの活動で、公的成功をめざす第4、5,6の習慣のために必要な事です。

7つの習慣がもたらすものはこれら4つの側面のリニューアルです。

これはつまり人間としての刷新が期待できるということです。

自分自身が鍛えられ、自分の価値が高まれば、そのぶん人の支えになる事も出来る。
人の支えになれば、また新たな自分の価値に気付きます。

こうして自分の活動自身が自分自身のシナジーになります。

最後の習慣は一言で表現すれば「網羅的な自分磨き」のことを指しています。
しかし、自分磨きは第1~6の習慣が十分に身についていなければ、
必ず壁にぶつかり、成長が止まってしまいます。

全ての習慣を身に着けていれば上へ向かう。
つまり成功者になるための階段を最速でかけあがることができます。

成功とはなんでしょうか。

お金を持つ事でしょうか。
きれいな異性をパートナーにすることでしょうか。
良い車に乗る事でしょうか。
良い家に住む事でしょうか。

残念ながら成功に答えはありません。

なにがどうなれば成功だという定義は人によって異なります。

7つの習慣では1つの答えを指し示しています。

成功とは「素晴らしい1人の人間になること」

そして、自分自身と1つになり、愛する人たちや友人、同僚と1つになることが

「7つの習慣」の最高で最良、もっとも実りある果実だとしています。

7つの習慣を通して、あなたの人生をよりよいものへ変えていきましょう。

最後までご覧になって頂きまして、ありがとうございました。

7つの習慣 シナジーがもたらすコミュニケーション Chapter6-2

こんばんわ
エンドです。

この動画では「シナジーがもたらすコミュニケーション」について解説していきます。

この動画を見る事であなたは、シナジーとコミュニケーションの関係を完全に理解することができ、人との仕事で成果を出すためにどのようにすればいいのかが明確になります。

さっそくまいりましょう。

覚えておいて下さい。

シナジーの鍵は、コミュニケーションの深さである
シナジーの鍵は、コミュニケーションの深さである

言葉の通り、シナジーを生み出す鍵はコミュニケーションの深さにあります。
コミュニケーションの深さを「信頼度」と「協力度」という軸で3段階にわけて表現することができます。

最も低いレベルが「防衛的コミュニケーション」

これはお互いが守りに入り、自分が損しないことを最優先に考えるため、結果は必ずWin-LoseもしくはLose-Winで終わります。

信頼と協力がやや高まったレベルが「尊敬的コミュニケーション」

ある程度の相互理解は生まれるが、「共感による傾聴」には至らないため解決は妥協によって行われる。

そして、信頼と協力がさらに高まれば「シナジー的コミュニケーション」が生まれる。

互いの相違点を深く理解し、個々が挙げる成果よりも大きな成果を生み出せる関係であり、結果は必ずWin-Winとなる。

このシナジー的コミュニケーションでのみ、前動画で述べた「第3の案」が生まれます。

しかし、このシナジー的コミュニケーションを難しいと感じる方が多いのではないでしょうか。

他人の批判ばかりする同僚。
自分の意見を強引に押し付けてくる上司。
自己主張ばかりする友人。

そんな人達と相違点を尊重するような気になれない、共感するのは無理と感じる人も多いでしょう。
当然です、なぜなら彼らといることは居心地が悪いからです。

世の中の人達が全員「7つの習慣」を身につけていれば、そんなことないのだと思いますが、どこにでも、付き合うのが難しい人はいます。

そんな人達とは無理にシナジー的コミュニケーションを取る必要はありません。

しかし、そこで諦めてしまっては自分の成長が止まるのも事実です。

たとえどんな相手と衝突することになっても、自分は自分の原則を守る。
自分の人生をどう生きるかは、自分の問題です。

どんな相手に対しても違いを尊重してシナジーを創りだせる。
そう信じて根気づよく接するからこそ第3の案が生まれるのも事実です。

相手に問題があると言う考えではなく、全ての問題は自分の中にあるという考え方ができなければ、どんな人と出会っても相手のせいにし続ける人生が待っています。

とくに起業家のような個人ビジネスをする人間は仕事相手を選ぶ事ができますが、サラリーマンのような組織で働くと仕事相手を自由に選べません、

まともな仕事相手を選べないからシナジー的コミュニケーションが取れないというのは完全に主体的でない他責的な考え方ですので、そのように考えるのはやめましょう。

相手を選べないということは、裏を返せばどんなやっかいな人間であってもシナジーを生み出せる人間になる成長の場にいるということを意味します。

シナジー的コミュニケーションを取れるように、普段の自分の行動を変え、相手を変えていける人になりましょう。

次回は最後の習慣「刃を研ぐ」になります。

最後までご覧になって頂きまして、ありがとうございました。

7つの習慣 シナジーを創り出す Chapter6-1

こんばんわ
エンドです。

この動画では、第6の習慣「シナジーを創り出す」について解説していきます。

人は人と組んで何かしようとする時、どうしても共通点ばかりに目がいってしまいます。
しかし、相違点をぶつけ会うからこそ、互いのよさを活かし合い、シナジー効果で大きな成果を得る事ができます。

さっそくまいりましょう。

覚えておいて下さい

シナジーの本質は”違い”を尊重することにある
シナジーの本質は”違い”を尊重することにある

シナジーとは、個別のものを合わせて個々の和より大きな成果を得ることを指します。

つまり、1+1は2になったのではシナジーが発揮されたとはいえません。

(これはビジネスでも同じ。
月に100万稼いでいる人と50万稼いでいる人がビジネスを一緒にやって150万稼げるようになったのでは、シナジー効果が発揮されたとは言えません。)

シナジーは今まで存在しなかった新たな価値を創りだす力です。

シナジーの本質は”違い”を尊重する事にありますが、多くの人は自分と違う人のことを嫌います。

年齢や職業が違うだけでコミュニケーションを諦める。
異性や同僚とうまくいかないと相手のせいにする。
育ちや文化、あげだすときりがありません。

これらは居心地が悪いからです。
自分の意見や考え方が否定されると自分の生き方を否定されたように感じ、不快な気分になります。

しかし、そもそも人は違う経験をし、違う人生を生きているのですから、考え方や見方は違っていて当たり前です。
あなたと違いのない人などこの世に存在しません。

人との違いを率直に認め、むしろ自分の弱みを見せるくらいのほうが人とのコミュニケーションはうまくいきます。

7つの習慣では自分の考え方や能力の限界を認め、相手の長所から学ぶ事が大事だと明言しています。

ここで1つ質問です。
あなたは「妥協」というものを日常的に行っていませんか?

人との違いを認められない人がとりがちな行動がこの「妥協」です。

(私は以前、妥協の固まりでした。)

妥協とは個別のものを合わせて個々の和より小さな成果を得ることを指します。

妥協はお互いが「まぁ、いいか」という気持ちで何かをするようなイメージです。
妥協では1+1は2が最大であり、通常はそれよりはるかに小さい結果になります。

シナジーの成果は妥協の成果よりもはるかに大きくなります。

繰り返しになりますが、シナジーは互いの能力を存分に発揮することで、今まで無かった新たな価値が生まれることを指します。

7つの習慣ではこれを「第3の案」と表現しています。

そして、人と人が繋がるときお互いに納得できる「第3の案」は必ずあると明言しています。

妥協を捨て、シナジーを生み出せる人間にシフトしていきましょう。

次回は、シナジーとコミュニケーションの関係、そしてこの第3の案を生み出すにはどうすればいいのかについて解説して行きます。

楽しみにしていて下さい。

本日も最後までご覧になって頂きまして、ありがとうございました。

またお会いしましょう。