『時間』をマネジメントする方法

 

突然ですが、人は平等ではありません。

 

要領の良い人、悪い人。
記憶力の良い人、悪い人。
頭の回転が早い人。遅い人。
運の良い人、悪い人。
生まれつき裕福な人、そうじゃない人。
運動神経が良い人、悪い人。
視力が良い人、悪い人。
顔がイケメンな人、そうじゃない人。
顔が美人な人、そうじゃない人。
お肌がきれいな人、そうじゃない人。
身長の高い人、低い人。

 

そうです。平等じゃないんです。

 

私はこれらの要素を一種の「才能」と呼んでます。

 

例えば、身長が高いという才能を活かしてモデルになる人もいます。

 

何も悪くないですよね。その人の才能を活かした生き方をしている。

 

「才能」は生きていく上で様々なものに影響します。

 

例えば、学校のテスト。

 

クラスに1人くらいいませんでしたか?

あんまり努力していないのに、テストで高い点数を取ってしまう人。

逆に、すごく努力してるのに、いまいちな点数を取ってしまう人。

 

会社員の仕事なんて、評価というところにリアルに出ますよね。

 

要領が良く、仕事が早い人。

要領が悪く、無駄な仕事までやってしまい、仕事が遅い人。

 

ビジネスなんかをやっていても、当然、この「才能」による影響はあります。

 

だからといって勘違いしてはいけない事があります。

 

この「才能」はあくまでも、結果が出るまでにかかる時間の問題です。

 

ビジネスにおいて、「才能」があるから成功する。「才能」がないから失敗する。

 

などという、0か1の分岐点には絶対にならないということです。

 

さっき、結果が出るまでにかかる時間と言いました。

 

そうですよね?

 

要領が良い人がビジネスの本質を理解してサクサクやると、

 

おそらく一定の結果はある程度早くでるでしょう。

 

要領の悪い人が同じことをしたとしても、同じ結果を出すまでに、

 

要領の良い人の3倍かかるかもしれません。

 

 

でも、これって時間をかけて努力すれば、誰でも結果を出せるんです。

 

もっと言うと、3倍の経験を詰んでるので、感覚を掴んだ時の理解度や視野は

要領の良い人より、優れている事が多いです。

 

となると、問題は「時間」です。

 

1日24時間という、全員に与えられた唯一フェアな条件である「時間」を

いかに効果的に使うかが重要です。

 

最も重要なのは人生に「優先度」というものをつける事です。

 

これを見て下さい。

 

サラリーマンの時間割1

 

私がビジネスをはじめる前の1週間です。

 

黄色枠がいわゆる「自由時間」です。数えてみると合計38時間しかありません。

 

1週間の合計時間が168時間もあるのにです。

 

だいたい、残業時間は100時間前後で、手取りで給料は30万程度でした。

 

この「自由時間」に飲みにいったり、買い物にいったりを楽しんでました。

 

次にこれを見て下さい。

 

サラリーマンの時間割2

 

これがビジネスをはじめた後です。

 

同じく、黄色枠がいわゆる「自由時間」です。数えてみると合計65時間に増えてます。

 

私の会社はかなりの有給休暇が用意されているので、実質1週間に80時間程は自由な時間があります。

 

だいたい、残業時間は30時間前後で、手取りで給料は100万程度を維持しています。

 

真剣にこういうことについて考えると良いことばっかりなんですよ。本当に。

 

では、何を変えたか。

 

大きく2つだけです。

 

1つは「無駄な時間の徹底排除」です。

 

無駄な時間とは、自分が管理できない、絶対かかってしまう時間のことです。

 

この時点で、私の中の無駄な時間は「移動時間」でした。

 

簡単に言うと、引っ越しました。

会社まで、自転車で15分で着いちゃいます。

 

これは、仕事で北京に出張した際に、学んだ事です。

ホテル住まいで、しかもオフィスがホテルの隣、徒歩10秒だったんです。笑

 

以前は電車に乗って1時間ちょっとかかっていました。

 

電車では本を読んでるから時間は無駄にしていない!という方もいます。

 

逆に言うと本を読むという選択しかできないんです。

何よりも、満員電車で気付かないうちに相当な体力を削られています。

 

生活全体にストレスを発生させ、やる気を出す機会を減らしている。そっちのほうがリスクです。

 

 

2つめ。これがビジネスをする上でとても大事です。

 

人生の選択に「優先度」をつける

 

言葉遊びのように聞こえるかもしれませんが、人生とは選択の積み重ねです。

 

「朝起きてパン?ご飯?を食べる」
「電車?バス?タクシー?にのって会社にいく。」

 

何かを選択して生きてるんです。

 

ビジネスをはじめる前の私の「優先度」はこうです。

 

会社員 > プライベート

 

過去の時間割を見てもらえばわかりますが、ほぼプライベートなんて無かったです。

 

それがその証明です。当時は、仕事が楽しかったというのもあるんですけどね^^

 

でも、たまにこうなります。

 

 

その他 > 会社員

 

 

???と思われるかもしれませんが、これってとても重要なことなんです。

 

いわゆる、イベントが何もなければ、普段は仕事を優先させているんです。

 

けど、何かどうしてもしたい事とか、体調を崩したりとか、

 

そういう事が発生した場合、自然と「会社員の仕事」の優先度を下げてる事に気付いたんです。

 

重要な仕事がある日は別として、熱39度でて、会社に行きませんよね?

 

私なんか、100時間残業の中、合コンがあるのでサラッと帰った事もあります。笑

 

何が言いたいか。

 

会社員が最優先だと勝手に決めてしまっているだけで、実はそうじゃない時もあるんです。

 

つまりここを紐解いていけば、誰でも「優先度」を組み替える事ができます。

 

会社員なんて、そもそも「組織」なんですよ。

 

あなたがいない止まってしまう状況が出来ているなら、それを改善することが最優先のはずです。

 

だって「組織」として完全に破綻してますから。

 

私も残業100時間のときはそうでした。

 

だから、私の代わりとなる人を育てました。

 

上司もそれを分かってます。「組織」として機能するようになった現状をつくった

私自身、評価してもらってます。

 

一石二鳥ですよね。でも仕事ってそういうもんです。

 

目先の事ばかりにとらわれていては、目先の結果しか得られません。

 

すいません、話を戻します。

 

ビジネスをはじめた、私の「優先度」はこうなりました。

 

ビジネス > 会社員 > プライベート

 

こう位置づけることで、私の会社員としてかける時間は一気に減りました。

 

会社員のメリットは、やるべき事をしっかりやってお客様を満足させれば

それ以上は求められないんです。求められているならそれが悪です。

 

それ以上に応えようとするから、しんどくなっちゃうんです。

 

本当に必要でやるべきことだけをやる。

 

 

まとめると

 

1. 管理できない「無駄な時間」の徹底排除

 

2. 人生の「優先度」を変える

 

 

この2つをするだけで、自由に使える時間とお金を2倍以上増やす事ができました。

 

正直、ビジネスに関係なく、

 

人生を充実させる上で、「タイムマネジメント」というものは

 

絶対に必要なテーマです。

 

是非、自分の時間割を書き出してみて、無駄な部分を省いてみる事をおすすめします。

 

テーマについて考えずやってきた結果が、おそらく今なので。

 

会社員と「別の軸」、私で言えば「ビジネス」ですね。

 

2本持つ事で、タイムマネジメント能力は圧倒的に向上します。

 

時間と収入を増やしたいという方は無料メールレターのほうでも、

お得な情報を発信しているので、興味ある方はそちらもみてみてください。

 

最後に・・・

 

とはいえ、人間です。

 

毎日を完璧に機械のように生きる事はできないと思ってます。

 

私も上記の時間割は一例であって、完璧に行えてるかといわれると無理です。笑

 

ただ、大事なのはイメージすること。

 

人生を成功ために必要なことは、自分との約束を守る事です。

 

この記事で、こういった事を考える機会になれば良いなと思ってます。^^

 

本日もお読み頂きありがとうございました^^

 

サラリーマン エンド

 

4件のトラックバック