『事実』と『意見』を切り分ける

 

世の中の情報は大きく2つに分類できます。

 

それは『事実』と『意見』。

 

そして、世の中のほとんどの情報は

『意見』です。

 

意見というのは、

言ってしまえば不確かな情報です。

 

この『意見』ばかりをみていると、

いつまでたっても成功者にはなれません。

 

皆さんは、『事実』を捉えることが

できているでしょうか。

 

成功者は『事実』をみます。

 

僕はよくティッシュ配りを例に出します。

 

ティッシュ配りというのは、

単にボランティアでしているのではありません。

 

ティッシュの裏に入っている広告を

広めているわけです。

 

昔からあるフリー戦略一種ですよね。

 

ティッシュを無料で配布するかわりに、

広告を見て頂く。

 

しかし、この戦略をしかける側は、

当然タダではないわけです。

 

ティッシュの原価、

配る人の人件費、

広告の作成費用などなど、、、

 

しかける側は、

これだけのお金を投資しても、

利益をあげることができると思っているわけです。

 

 

しかしですね・・・。

 

ティッシュに入っている広告を見たことありますか?

 

もっというと、あの広告の商品・サービスを

利用したことがありますか?

 

僕は、人生で一度もないわけです。笑

下手をすると広告をきちんと見たことが

1度あるかないかのレベルです。

 

 

ましてや、あの広告を見て何か行動を起こした人が

いるなんていうのは、ありえないと思っていました。

 

しかしですね。

 

 

ティッシュ配りはいつまでたってもなくなっていないわけですよ。

 

『ティッシュ配りの広告は誰も見ないと思う。

ましてや、そこから商品・サービスが売れるなんて考えられない。』

 

 

これが私の『意見』です。

 

しかし、

 

『ティッシュ配りはなくなっていない。』

 

これが『事実』です。

 

わかりますか。

 

僕の中では、ティッシュ配りなんていうビジネスは

成り立たないと思っているんです。

 

これで僕がメールレターで、

『ティッシュ配りなんて破綻してるよね』

なんて発言をして、「なるほど!」と思ってしまうと

これは『意見』に惑わされているわけです。

 

 

結果的に、この『意見』という情報をみていると、

ティッシュ配りによるフリー戦略は仕掛けられないわけです。

 

しかし、成功者は『事実』をみます。
自分の意見は一旦置いて、

『事実』はティッシュ配りで利益をあげている人たちがいる。

 

こうすることで、ティッシュ配り戦略は有効だと判断をするわけです。

 

大切なのは、『事実』です。

 

自分の周りの情報を

『事実』と『意見』に分けてみて下さい。

 

その上で、『事実』に基づく選択・判断をしましょう。

 

今この瞬間から少しずつ意識していきましょう。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。
サラリーマンエンド