サラリーマンで成功する秘訣

 

サラリーマンで成功する秘訣。

 

それは非常にシンプルであり、簡単な事です。

これまで多くのテクニックをお伝えしてきましたが、 この一言に限ります。

 

 

『当たり前の事を当たり前にする』

 

 

ただこれだけです。

 

今の日本は、本当に簡単な世の中になってます。

当たり前の事を当たり前にするだけで勝てるからです。

 

実はこの考えは、

僕の勤める大手IT企業の研修で新入社員のときに教えられたことです。

 

どういう意図があって教えていたのかはわかりませんが、

この言葉は本当にその通りだと思います。

 

 

世の中って本当に適当だと思うんですよ。

 

 

システムエンジニアなのにプログラムがかけないとか・・・。
サラリーマンなのに遅刻するとか・・・。
パスタ屋さんに行って、パスタが出てくるのに30分待たせるとか・・・。
サンドイッチ屋にいって、サンドイッチがないとか・・・。

 

ネットビジネスでもそう。

 

毎日記事を1つ更新するという、ハードルの低い仕事すら毎日できない・・・。
毎日30分の作業が継続できない・・・。

 

 

こういう事実を見ていると、本当に楽な世の中だと思います。
僕は『有吉』さんが大好きなのです。

彼は毒舌だと言われていますが、

世の中の本質が見えていて、それをオブラートに包まず言っているだけだと思います。

 

 

例えば、世の中の若者を見て・・・

 

『本当に皆頑張らないでほしい。自分が楽に勝てるから。』

 

笑ってしまいましたが、この言葉は本当に同感です。

 

世の中のレベルが低いおかげで、

努力することで確実に勝てるんですからね。

 

これが、世の中の人が皆、土日を遊ばず勉強しだすと

これほど怖いことはないですよね。

全体の基準があがってしまうと、

ちょっとやちょっと努力した程度じゃ、全く勝てなくなってしまいます。

 

一番わかりやすいのは、システムエンジニアです。

皆さん、システムエンジニアって

全員がプログラムかけると思ってませんか?

 

システムエンジニアはプログラムをかくことが仕事です。
マネジメントサイドに回っても、プログラムをわかっていないと

まともなマネジメントなんてできないので、どちらにしろ必須です。

 

しかしですね・・・。

 

プログラムをかけるまともな人材というのは、

1つのプロジェクトに2割もいないですよ。
ちょっとかけるレベルならいますが、プロフェッショナルと呼べる人は

2割もいないのが現状です。

 

こんな楽な業界ありませんよね。

 

プログラムかけるだけで、引っ張りだこなわけです。

現代は、本当に当たり前の事を当たり前にできる人が勝てる世の中です。

当たり前のことを当たり前に行動していきましょう。

 

基準を最低、当たり前以上にしましょう。

 

そうするだけで、勝者になれます。

 

アメリカでは、仕事ができないなら即首です。

 

新入社員といえど、社会に出れば1社員として扱われるわけです。

つまり、ベテラン社員と同じフィールドで闘うことになるわけです。

 

だからこそ、アメリカでは学生の頃から、

インターンシップやビジネスなど色々な経験を積むわけです。

 

まず、日本のサラリーマンはそんなに難しくない世の中だという事を理解しましょう。

 

基準を高く。

 

そして、今の仕事を辞める決断はできないが、

現状を変えたいと思う人は、無料メールレターに登録してみてください。
→ サラリーマンを続けながら起業家レベルの『時間』と『収入』を得る方法
 

サラリーマンを続けながらネットビジネスを成功させる方法をお伝えしております。

サラリーマンを続けながら月に100万、200万稼ぐ時代が現実になっています。

 

ネットビジネスも同様、当たり前のことを当たり前にできる人が成功します。

 

新たな一歩を踏み出すきっかけになれば幸いです。

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

サラリーマンエンド