お金持ちとサラリーマンの決定的な違い

 

お金持ちと一般サラリーマンの本質的な違い。

 

普通のサラリーマンの方と、

金持ちの方と『収入』という視点でいうなら、

本質的な違いは1つしかありません。

 

それは、収入のモデルが違うということ。

 

これが最大のポイントです。

 

これまでサラリーマンは固定給と言いましたが、
言い方を変えるなら『時間給』なんですよ。

 

そうですよね?

 

毎日決まった時間働くことで、
一定のお金がもらえる。

 

残業をすれば、残業をした時間だけ、
もらえるお金が増える。

実は、自営業の方も同じなんですよ。

 

例えば、自分のカフェを
9:00-17:00という時間で開いとします。

 

その売上が利益になるわけですが、
売上をあげるために開店時間を

8:00-17:00に変更したとします。
そしたら、どうなりますか?

 

1時間分売上を得ることができますよね?

でも逆にですよ・・・

 

1時間の間に誰もお客さんが来なかったら、
1時間分の人件費が赤字になるわけです。

 

 

そういう意味だと、同じ『時間給』ですが、
自営業のほうが売上が保証されていない分、
シビアと言えますね。

 

ここまでサラリーマンと自営業のお話をしました。

 

 

ビジネスを書籍などでは、EとSと略されることもあります。

Employee:従業員
Self employed :自営業者

 

これらは、絶対にお金持ちになれません。
なぜなら、『時間給』だからです。

 

 

1日24時間という絶対ルールがある以上、

物理的に不可能なんですよ。

 

 

時間給で達せれる額は、
1年休まず死に物狂いで働いても
年収3000万程度だと言われています。

 

成功してもです。

 

では、金持ちの方が得る収入とは。

 

それは『時間給』ではなく

『不労所得』というものです。
『不労所得』とは、

自分がその場にいなくても、得られる収入の事です。

 

働かずして得られる収入ではないので、
ここは勘違いしないように気をつけてください。

 

これは、自由な時間が減るにつれて、
収入が増えていく『時間給』とは真逆の仕組み。

 

信じられないかもしれませんが、
収入が増えれば増えるほど、

自由に使える時間が増えます。

 

 

会社のオーナーがいい例ですよね。

 

複数の会社のオーナーになってしまえば、

自分が特に何もしなくても

勝手に各々の会社が利益をあげてくれるわけです。

 

一般的にわかりやすいのは不動産だと思います。

 

マンションをもって、賃貸に出せば
何もしなくても、住居者の家賃が収入として

入ってくるわけです。

 

投資家というのも、この類ですね。

 

大金を、証券会社に預けておくだけで、

その利回りとして収入を得られるわけです。

 

 

利回り3%だとして、3億円預けておけば、
900万入ってくるわけです。

 

十分ですよね。

 

ビジネス書籍では、BとIという風に略されたりします。

Business owner:ビジネスオーナー
Investor:投資家

 

このように、自分がいなくても勝手にお金が

入ってくる仕組みをもっているかもっていないか。

 

これが、普通のサラリーマンと

お金持ちの決定的な差です。

 

 

・・・。

 

 

 

この記事をお読み下さっているという事は、

『サラリーマンで月収200万』というキーワードに

何かしらの想いをもって頂けたからだと思ってます。

 

 

もう察しの良い方はわかりましたよね。

 

 

僕が全力でお伝えしている

『新しいサラリーマン』とは言ってしまえば、

この『不労所得』得ているサラリーマンの事を指します。

 

そして、『不労所得』を得る為に、努力したことが

自身の本当の成長となり、サラリーマンとしても

優秀な人材になります。

 

 

これは間違いなくなります。

サラリーマンとは言ってしまえば、

決められたビジネスモデルを遂行するピースになるということです。

 

しかし、不労所得を得る為の努力というのは、

ビジネスモデル全体を見渡す視点が身に付きます。

 

普通のサラリーマンとは全く違う視点で物事を

捉えれるようになります。

 

 結果、出世もするというわけです。

 

 

 

 

サラリーマンで『不労所得』を得る仕組みを作る。

 

 

その方法として、何のリスクもなくはじめられるのが

ネットビジネスです。

 

僕はあらゆるビジネスモデルを見ました。

 

フランチャイズ、不動産、ネットワークビジネス、ベンチャー・・・。

 

勉強もしましたし、実際数々の有料セミナーにも参加しました。

 

 

その結果、ベストなビジネスモデル。

それが『ネットビジネス』です。

 

理由は簡単。

1つは短期的に結果を出すことが可能であること。

もう1つは、初期投資額が無いに等しいということ。

 

 

マクドナルドの社長や元ライブドア社長、海外の大手メーカーの社長・・・

数々の著名人も今やるなら『ネットビジネス』だと言っています。

 

 

僕はこのネットビジネスで『不労所得』を得ることで、

月収100、200万という額を得ています。

 

僕は元々残業100時間前後しているただのサラリーマンでした。

ですので、サラリーマンに特化した方法をお伝えしています。

 

詳しくは、無料メールレターでお届けしているので、

興味あれば登録してみてください♪
→ サラリーマンを続けながら起業家レベルの『時間』と『収入』を得る方法
今なら、サラリーマンに特化した特典をお付けしております。

 

 

この『不労所得』で

月収を10万円増やして、
使える小遣いを増やすもよし。

 

会社をやめてやりたいことをやるために、
月収100万クラスを目指すもよし。

 

スタイルはそれぞれですが、
1つ勘違いしてはいけないのは、
誰でも可能だが、極端に簡単ではないということ。

 

 

 

周囲が甘い言葉で誘ってくるかもしれませんが、
ここは厳し目に言わせて頂きます。

 

世の中、簡単に稼げる方法なんて存在しません。

 

 

仕組みを作ってしまえば、確かに簡単ですが、
仕組みを作るまでは、それなりの努力が必要です。

 

目の前のお金に捕らわれて、『時間給』で生き続けるか。

 

将来の事を考えても『不労所得』を得るか。

 

一歩踏み出すきっかけになれば幸いです。
→ サラリーマンを続けながら起業家レベルの『時間』と『収入』を得る方法
【コラム】

 

『時間給』と『不労所得』の具体的な例文
A村の民族AとB村の民族Bが懇親会のため
民族AがB村へ飲み会に行きました。

 

あまりに楽しかったので民族Aは民族Bに
二次会の提案をしました。

 

でも、民族Bはバケツで水を
くまなくてはいけないという理由で断りました。

 

A村では川からパイプを使って
自動で水をひいていたので、

 

その理由がわかりませんでした。

 

A村とB村の常識が違ったのです。

 

民族Aは民族Bにパイプのひきかたを教えてあげようと
しましたが、民族Bはしぶりました。

 

なぜなら、パイプをひいている間も
水は必要で、明日もバケツで水くみを
しなければいけなかったからです。

 

・・・

 

わかりましたでしょうか。

 

『不労所得』の仕組みをつくるまでは、
『時間給』と『不労所得の仕組み作り』という
ダブルワークが発生します。

 

この努力を怠れば一生を『時間給』

いきなりパイプが出来上がるなんて事は
ないということです。

 

 

サラリーマンエンド