点と点を繋げるということ

120

 

僕は尊敬する人は誰ですかと聞かれると、

迷いなく『スティーブジョブズ』と応えます。

 

 

僕は新しいものを生み出し続けた

彼を尊敬しています。

 

彼の本は相当読みつくしました。

 

彼が重要な事を言い残しています。

 

それは

 

『点と点を繋げる』

 

ということ。

 

 

普通に聞くと、意味が分からないと思います。

 

 

しかし、これはとても重要な事。

 

 

スティーブジョブズを少し知っている方なら

ご存知かもしれません。

 

実は彼は養子としてある両親に引取られました。

 

そして、大学生になるのですが、

大学の学費が高額で両親の稼いだお金のほとんどが

学費にあてられていました。

 

 

また、学生になったジョブズには夢がありませんでした。

 

 

意外じゃないですか?

 

ここまでの偉業を成し遂げた人ですら、

学生の最初の頃には夢がなかったんです。

 

 

僕たちと変わらないですよね。

 

 

ジョブズは徐々に大学にいる事に価値を感じなくなり、

中退してしまいます。

 

その後、彼は西洋書道に興味を持ち、学び始めます。

 

 

それは美しく、歴史的で、

科学では捉えきれない繊細さがあったようです。

 

 

ここでの学びが、のちのMacの美しいフォントを実現するわけです。

 

『西洋書道』という点と、

『Mac』という点がつながった瞬間ですね。

 

 

点と点との繋がりは予測できません。
だからこそ、いまやっている事が

どこかで繋がると信じて頑張るしかない。

 

もしくは、繋がるような努力をするしかない。

 

そう彼は言っています。

 

僕にはすごくこの話がわかります。

 

僕も実は女の子にモテたいという理由だけで、

実は高校生の頃ダイエットで35kg痩せました。

 

しかし、後の就職活動で、

この『ダイエットで35kg減』というのは、誰もが興味を引くテーマであり、

僕の自己アピール最大のテーマになったわけです。

 

 

結果、就職氷河期に面接勝率90%という

ありえない数字を叩き出すことに成功しました。

 

 

そして、今ではビジネスでもこの実績は

自分をブランディングする1要素にもなります。

 

このように点と点が繋げることで、

様々な価値を生み出す。

 

自分が、過去でも今でもこれからでも、やろうとしていることは

その瞬間は1つの点かもしれません。

 

しかし、今後、どこかで線になるはずです。

 

 

僕が学生時代に出会った有名な起業家も

似たような事を言ってました。

 

 

無駄な経験はない。

それは経験を無駄にしているだけだと。

 

その瞬間した経験はただの『点』で無駄なことかもしれません。

 

しかし、その『点』はいつか別の『点』と

結びつき線となる。

 

無駄じゃなくなる瞬間があります。

 

 

そういう事を意識して頑張っていきましょう。

 

 

僕が伝えているネットビジネスは、

過去の経験を線にすることのできる絶好の機会です。

 

 

具体的には無料メールレターでお伝えしているので、

興味あれば登録してみてくださいね。

 

 

→ サラリーマンを続けながら起業家レベルの『時間』と『収入』を得る方法

 

 

僕の尊敬するスティーブジョブズの

重要なメッセージをご紹介しました。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

サラリーマンエンド

 

『制限』や『ルール』の重要性

042

こんばんわ。

 

サラリーマンエンドです。
昨日は眠かったので21時に寝ました。

 

そして、次の日の今日、3時起きです。

 

こういう生活はネットゲーム全盛期時代毎日やっていたので、

慣れております♪
というわけで、いつものスタバからお届けしています。

 

 

『制限』とか『ルール』と聞いて皆さんはどう感じますか?
多くの方は『かたくるしい』とか『めんどくさい』とか
ネガティブなイメージをするのではないでしょうか。
僕もそういう風に一時期まで考えていました。
確かに、制限とかルールというものは、

一時的にみると、めんどくさいものです。

 

しかし、結果的にはこの『制限』や『ルール』を守ることは

最も効率的な事だったりします。

 

 

例えば、信号なんかがいい例ですよね。
信号を守ることは、ある意味めんどくさいです。

赤だと止まらなければいけません。

止まるということは、目的地につくのが遅くなります。

 

しかし、逆に信号がなければどうなるでしょうか。
交差点なんかわかりやすいですね。

4方向から車が飛び出してくるわけです。

事故らないように中々身動きが取れないですし、

事故ってしまった日には、目的地につくどころの話じゃなくなります。

 

つまり『制限』を守らないことで、

瞬間的なスピードは出るのですが、

長期的にみると、結局のところ『制限』を守ることが最も効率的になります。

 

 

ものごとは長期的にとらえましょう。

 

もう1つ『制限』のメリットがあります。

 

人は『制限』があることで工夫し、高めていくことができます。
平地ではなく傾斜がはげしい土地で農業をするとなれば

それ専用の農業技術が発展しましたよね。
スポーツもそう。

サッカーが手を使ってよかったらどうなりますか?

オフサイドというルールがなかったらどうなりますか?
ワールドカップのような心躍る試合も、

世界中の研ぎ澄まされた技術をもったスター選手も生まれないわけです。

 

野球も、水泳も、なんでもそうです。
制限やルールがあるからこそ、人はその中で最善の選択を模索して、

新しい技術を生み出します。

 

 

『制限』や『ルール』というのは、基本的に僕たちを縛るものでは無く、

発展させるためにあるという捉え方をしていきましょう。

 

総じて言いたいことは、

『制限』や『ルール』は守りましょうという事でした。笑
最後までお読み頂きありがとうございました。

 

サラリーマンエンド

当たり前の事を当たり前にできる人が勝者です。

こんばんわ。

サラリーマンエンドです。
ムッカー!!!!

 

なぜ、依頼された仕事すらできないのでしょうか。

レベルが低すぎて、サラリーマンのエンドさんは

今日仕事でキレちゃいました。

いかんいかん、不の感情は不要ですね。笑

 

しかし、当たり前の事を当たり前にできる人って素晴らしいですよね。
今の世の中は非常にイージーになってます。

当たり前の事を当たり前にするだけで勝てるからです。

 

実はこの考えは、

僕の勤める大手IT企業の研修で新入社員のときに教えられたことです。

 

どういう意図があって教えていたのかはわかりませんが、

この言葉は本当にその通りだと思います。

 

 

世の中って本当に適当だと思うんですよ。

 

 

システムエンジニアなのにプログラムがかけないとか・・・。
サラリーマンなのに遅刻するとか・・・。
パスタ屋さんに行って、パスタが出てくるのに30分待たせるとか・・・。
サンドイッチ屋にいって、サンドイッチがないとか・・・。

 

ネットビジネスでもそう。
毎日記事を1つ更新するという、ハードルの低い仕事すら毎日できない・・・。
毎日30分の作業が継続できない・・・。

 

 

こういう事実を見ていると、本当に楽な世の中だと思います。
僕は『有吉』さんが大好きなのです。

彼は毒舌だと言われていますが、

世の中の本質が見えていて、それをオブラートに包まず言っているだけだと思います。

 

 

例えば、世の中の若者を見て・・・

 

『本当に皆頑張らないでほしい。自分が楽に勝てるから。』

 

笑っちゃいましたが、この言葉は本当に同感です。笑
世の中のレベルが低いおかげで、

努力することで確実に勝てるんですからね。

 

これが、世の中の人が皆、土日を遊ばず勉強しだすと

これほど怖いことはないですよね。
全体の基準があがってしまうと、

ちょっとやちょっと努力した程度じゃ、全く勝てなくなってしまいます。

 

一番わかりやすいのは、システムエンジニアです。
皆さん、システムエンジニアって

全員がプログラムかけると思ってませんか?

 

だって、プログラムかくのが仕事ですよ。
マネジメントサイドに回っても、プログラムをわかっていないと

まともなマネジメントなんてできないので、どちらにしろ必須です。
しかしですね・・・。

 

ぶっちゃけた話、プログラムをかけるまともな人材って、

1つのプロジェクトに2割もいないですよ。
ちょっとかけるレベルならいますが、プロフェッショナルと呼べる人は

2割もいないのが現状です。

 

こんな楽な業界ありませんよね。

 

プログラムかけるだけで、引っ張りだこなわけです。
現代は、本当に当たり前の事を当たり前にできる人が勝てる世の中です。
当たり前のことを当たり前に行動していきましょう。

 

基準を最低、当たり前以上にしましょう。

 

そうするだけで、勝者になれます。

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

サラリーマンエンド

海外で働きたいという方にアドバイスしました。

こんばんわ。

サラリーマンエンドです。

 

会社の同期から1通のメールが入りました。
『久しぶり!時間あったら飲まない??(^^)』
ちょうど、その日の夜、予定が空いていたので、

もちろんOKと返信し、飲みに行くことに・・・。
っと、軽く飲みにいったのですが、

彼女は、私が色々なビジネスをしていることを聞きつけたらしく、

人生相談をされました。笑

 

大事な友達の一人なので、きちんと対応しました。

 

私と同じ大手IT企業に勤める彼女の悩みは
『ITに興味がないので、全く仕事がおもしろくない』
というものでした。

 

私のような大手企業に勤める人には、割かし多い悩みですね。

 

安定を目的に入社したため、根本的な仕事に興味をもてないというものです。

 

どういう事がしたいのかを聞いてみると

 

「海外で働きたい」
と、ちょーザックリな答えが返ってきました。

 

しかし、こういう人って多くないですか?

 

『海外』にあこがれを持っている人。
こういう人はたいてい、『英語』を勉強しています。

 

TOEICとかTOEFLの勉強をしています。
それもありなのですが、もうちょっと視野を広げてみましょう。
すごく簡単に考えてみましょう。
僕が彼女と同じ悩みをもっていたら、どうするか。
今すぐ辞表を出して、渡米します。笑
これは冗談じゃなく、本気です。
彼女と僕の違いは、

今の会社に依存しているかしていないかの差でしかありません。

 

私は渡米しても、全く問題なく生活できるだけの

『収入の柱』をもっています。
彼女は『収入の柱』をもっていないので、

会社をやめることができないですし、海外の文化に触れるなら、

海外の仕事をするという選択肢しかありません。
こういう『収入の柱』をもっている人というのは、

リスクなく自分の夢ややりたい事が自由にできます。

 

実は、不労所得を得ている起業家は、

やりたいことを好き放題やっています。

また、それがブランドとなり、ビジネスを加速させるという

すさまじい仕組みになってます。

 

多くの起業家がやっていることの1つとして、カフェの運営があります。
自分のカフェやバーをもってるってあこがれません?
不労所得を得ている起業家からすれば、

このカフェの運営さえも、趣味やブランディングの一環にすぎません。

 

利益を求めてカフェを運営するなんて、今の時代かなりきついですからね。
海外の仕事をしたいということは、まず海外にこだわる理由を深堀する。

 

仕事でなくていいなら、

日本で英語の勉強をするという非効率的なやり方をしなくても、

海外に住めるくらいの環境を整えて、現地で効率よく質の良い語学を学ぶ。

 

こういう選択もありなんじゃないでしょうか。

 

アドバイスとしては彼女にこんな感じの事を伝えました。

どう行動するかは彼女次第ですね。
こういう環境を作れる仕組みの1つがネットビジネスです。
興味ある方は、サラリーマンを続けながらネットビジネスをする方法を、

無料メールレターで公開してますので、申し込んでくださいね。

 

→ サラリーマンを続けながら起業家レベルの『時間』と『収入』を得る方法
 

最後までお読み頂きありがとうございました。
サラリーマンエンド

『結果』ばかり求めてませんか?

こんばんわ。

サラリーマンエンドです。
いつものカフェに向かったのですが、

カフェの前について、財布を家に忘れたことに気付きました・・・。

 

サザエさんか!って感じですが、

小銭もクレジットカードも持ってなかったので、

泣きながら家に帰りました。

泣きながらは盛りました。

そんなこんなで、今日は自宅からお届けしております。
最近、ネットビジネスをやっていて思うのですが、

『結果』ばかり求めている人が多い気がします。

 

ネットビジネスでいう『結果』とは、

たいていの人は『お金を稼ぐ』という事を指すと思います。
お金を稼ぎたいから、ネットビジネスを頑張る。

お金を稼ぎたいから、メルマガを流す。

お金を稼ぎたいから、ブログを書く。

 

結果的に、ネットビジネスでは上記のことをしないと、

確かにお金は生まれないのですが、

このように考えている人のほとんどは稼げていません。

 

 

これは、はっきりいって根本的に順番が間違っています。

人は価値あるものにお金を払います。
つまり、価値を生み出せなければお金は稼げません。
『価値』を提供するということを意識する。
例えば、私は心理学なんかも勉強してますが、

心理学についての知識や、ネットビジネスに関するノウハウを

読者の方々にお伝えしたとします。

 

それを見た読者の方が、
「へぇ、心理学ってそんなもんなんだ」

とか

「おー、なるほど!」

とか

「やってみよう!」
とか、共感を得たり、行動を促進したり、

こういったものも、いわば『価値』を生み出していると言えます。

 

 

私がビジネスをお伝えしている人で、既に月に数百万稼がれている人もいますが、

これも『価値』ですよね。

 

私がサラリーマンの極め方をお伝えして、

残業時間が無くなりましたと、感謝の連絡をくれる人もいます。

これも『価値』ですよね。
『価値』を生み出すことにコミットする。
そもそも、お金の本質を想い出してください。
価値を感じるから人はお金で物を買いますよね?

 

僕たちは意識せずとも、知らないうちにそういう判断をしています。
『価値』を生み出せば、お金は嫌でも入ってきます。
これが、ほんとにきれいごとに聞こえてる人はまずいです。
私も未熟な時は、『所詮、きれいごと』と思っていました。

しかし、成長がある一定を超えると、

この本質に気付きます。

 

ここだけは騙されたと思って、考え方を変えてくださいね。

 

サラリーマンで成功するネットビジネスを学びたい方は

こちらの無料メールレターにご登録下さいね。
→ サラリーマンを続けながら起業家レベルの『時間』と『収入』を得る方法

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

サラリーマンエンド