ビジネスを志す瞬間

こんばんわ。

サラリーマンエンドです。

 

 

こんな時間にブログを書くのは珍しいです。

 

というのも、何かこう今日はものすごく

行動すべき衝動に駆られています。

 

 

それもそのはず、今日は定時退社して

ある方とお食事させて頂きました。

 

 

カッコイイスポーツカーで現れた彼は若干30歳の

IT企業を経営する起業家です。

 

後で知ったのですが、

フェラーリだったみたいです。笑

 

 

彼とは2時間程話して、別れましたが

この2時間でとてつもない刺激を受けました。

 

 

彼は世界を変えるために

IT企業を経営しています。

 

 

僕も今勤めている会社の力で、世界を変えるつもりです。

それだけの力を持った企業である思っているからです。

 

しかし、彼を見て気付きました。

 

 

今の会社で上にいき、

世界を変える事の出来る権力を得たとしても、

今の僕ではまだまだ力不足であることを。

 

 

当然と言えば、当然です。

 

 

しかし、経験とは別の力の差を感じました。

 

 

それは強い意志。

 

 

本気で世界に衝撃を与えるという強い意志です。

 

 

彼の事を素直にカッコイイと思いました。

 

僕は数々の起業家とお会いしていますが、

謎にテンションが高いだけの方がほとんど。

 

 

そんな中彼は純粋で、まるで子供のようでした。

 

 

やると決めたことは、

何があっても絶対にやり遂げる。

 

 

夢中に。

 

 

その姿は本当に子供のようですが、

でもカッコよくて、何か惹かれてしまう。

 

 

そんな人でした。

 

 

僕は権力を得るまでは、自身のビジネスで

自分自身の本当の実力を鍛え上げます。

 

そして、権力を得る段階になったとき、

今の会社でしかできない日本を変える

大きなビジネスを実現させる。

 

 

そう決めました。

 

 

今僕は成功者と言われる部類にいます。

収入もサラリーマンではありえない額を得ています。

 

 

そんな事でどこか満足していた自分がいました。

 

それを気付かせてくれた

彼との出会いに感謝します。

 

 

明日ではなく、今日から

新しい物語をはじめていきます。

おもしろいことを実現していきましょう。

 

 

追伸:起業家のサクセスストーリー

 

僕の友人が人生のどん底からビジネスをはじめて

成功者と言われる状態になった方法を公開しています。

今なら2時間以上の有料セミナー動画も見る事が出来ます。

 

本日までだったと思うので、是非まだの方は見ておいてください。

 

→ https://www.viral-manager.com/aff/40708/1273/mail=###mail###

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

サラリーマンエンド。

労働の極小化する鍵。

こんばんわ。

サラリーマンエンドです。

 

最近、会社がものすごく忙しいです。

 

 

といいながらも、依存する気はないので

いつものスタバからお届けしております。

 

 

さてさて先週は、大手商社に務める友人の家に

遊びに行ってきました。

 

 

友人の仕事が終わるのを

ゴロゴロしながら待っておりましたが中々終わらないので除くと・・・。

 

 

 

EXCELと格闘していました。笑

 

 

 

PCを使う仕事であれば、

EXCELを開かない日はないんじゃないでしょうか。

 

 

Microsoftさまさまなのですが、

なにやら、データの加工で困っている様子。

 

 

何でこんなことに時間をかけているのか

理解できなかったので、SEの僕はマクロを作ってあげました。

 

 

マクロとは、EXCELの操作なんかを自動化する仕組みです。

まぁ、簡単なプログラムですね。

 

 

結果、彼が2時間かけていた作業が、

5分で終わりました。

 

 

 

これがプログラムの力です。

 

 

ネットビジネスでもこの力は大いに発揮されます。

 

 

 

僕の場合、毎日60分かかっていた作業が

完全自動になってます。

 

 

 

つまり、1ヶ月で考えても1800分の時間が

ういたということになりますね。

 

 

時間があれば、別のアプローチが新たにでき、

またそれを自動化する。

 

 

こうしていく事で、1人で

50人分の作業をしていたりします。

 

 

 

これを時間をかけて1人でもくもくとやる人も多いですが、

それで続けれる人はそれでも結果はでますね。

 

 

僕のようなめんどくさがりは、

プログラムに任せてしまいます。

 

 

 

何事もそうですが、人と同じ事をしていては、

同じ結果しかでないわけです。

 

 

人と違うことをする上で、もっともシンプルなことは

時間をかけて同じ作業を繰り返すということ。

 

 

これはサラリーマンの仕事においても同じ事です。

 

 

管理職になればなるほどデスクワークが増えます。

 

 

 

僕はそれらの仕事をほとんど全てを自動化しています。

 

 

 

そうすることで、他人がとんでもない量の残業をしている中、

ほとんど定時で帰っているわけです。

 

 

 

常に意識すべきは自動化。

 

 

その仕組みをつくるまでは何十時間でも残業します。

 

 

 

最終的にペイできますので。

 

 

事務職が多い方は『マクロ』を学んでみてください。

自由な時間が格段に増えるはずです。

 

細かいことはGoogle先生に聞けば出てくるので

お伝えはしませんが、基礎的な事を聞きたい方は

気楽にメール下さいね♪

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

サラリーマンエンド。

 

株から学ぶ金持ち父さん、貧乏父さんの本質。

こんばんわ。

サラリーマンエンドです。

 

数日間、海外にいたため

中々、ブログを更新できませんでした・・・。

 

インターネット環境がないのは不便の極みですね。

 

 

しかし、その分色々なインプットをしてまいりました。

 

 

 

最近はめっきり株と水彩画に

ハマっているエンドです。

 

トレーダーへの道を順調に進んでおります。

 

 

仲間と一緒に開発している株自動売買ツールですが、

中々の成果をあげております。

 

5月いっぱいで+300万の利益。

 

アベ様様なのですが、3000万程運用しているので、

+10%といったところです。

 

これは別に大きな成果ではなく、

運用実験から考えると普通の利回り。

 

僕のツールは+10%の利益が出るように

バックテストを繰り返しています。

 

 

統計データ通りです。

 

 

しかし、同システムを開発している仲間も

+10%の利回りなのですが・・・。

 

+30万円の利益。

 

 

これは、運用しているお金の大きさが違うためです。

 

 

僕が以前、紹介した『金もち父さん、貧乏父さん』

 

 

この中でも語られている事ですが、

人生でお金もちになるためのステップの中で、『投資家』というものは

最後のステップなのです。

 

 

僕自身、まだ手を出すには

早かったかなとは思っています。

 

しかし、私が考えるに

『やってみる』以上の勉強方法は存在しません。

 

だからとにかくやってみる。

 

別に損をしたところで、勉強料だと思っているので

特に痛手はありません。

 

むしろ、リスクを恐れて行動しないことのほうが

リスクであることを知っているので。

 

 

 

しかし、やってみて投資家が最後のステップ

だということがよくわかりますね。

 

 

投資というのは、どこまでいっても比率計算なので、

元資産が多い人が勝つようにできてます。

 

一定の額までいくと、市場を動かすことができる程です。

 

 

僕は実はこの『金持ち父さん、貧乏父さん』の通りに

進んでいます。

 

 

この本が推奨しているステップは以下のような感じ。

 

従業員(サラリーマン) ⇒ ビジネスオーナー ⇒ 投資家

 

ものすごく簡単に言ってしまうとこの本には

お金持ちになるための方法が書いていて。

 

何ももっていない普通のサラリーマンはビジネスオーナーを

目指すべきだという事が書かれています。

 

 

ビジネスオーナーとは、不労所得を得ている人のこと。

 

不労所得を得ている人とは自分がその場にいなくても、

所得を得ることのできる装置をもっている人のことです。

 

 

僕はサラリーマンになりました。

そして、ネットビジネスで不労所得を得ました。

 

今、投資家の第一歩を踏み出しています。

 

 

 

しかし、どこまでいってもリスクというのは消えません。

 

なので、何が起きても十分生活していくだけの収入を得る為に

サラリーマンを継続しています。

 

 

これが僕の成功のスタイル。

 

 

しかし、これはこの本に書かれている

ステップの基本を守っているだけなのです。

 

違う点といえば、サラリーマンをやめないという選択をしているので、

さらに堅実になっているところですかね。

 

 

当然、負荷は普通よりは高いというデメリットもありますが。笑

 

 

金持ち父さん、貧乏父さんを読んだことのある方は、

行動してからもう一度読み返してみると、新たな発見があります。

 

 

僕自身、いろいろな気付きがありました。

 

 

その辺はまた詳しく紹介していきますね。

 

 

今日は最後までお読み頂きありがとうございました。

 

サラリーマンエンド

シンプルなお金の仕組み

 

世の中のほとんどの物事は、意外にシンプルだったりします。

 

ただ、さまざまな環境や制約に影響されて本質が見えなくなっているものです。

 

「お金の稼ぎ方」「お金の仕組み」もまさにその代表例です。

 

実は非常にシンプル仕組みなわけです。

 

1つ爆発的な成功をおさめている、皆のハンバーガーショップ

マクドナルドを例にとってみましょう。

 

 

マクドナルドの社長原田氏は、私も尊敬している経営者の1人です。

 

彼は「売上」をあげるための方法について聞かれたときこう答えています。

 

「それは簡単です。公式に当てはめればいいんです。」

 

その公式とは、ビジネスの本質そのものです。

 

売上 = 顧客数 × 顧客単価

 

つまり、売上をあげるには、

 

 

・顧客数をあげる
・顧客単価をあげる

 

この2択なんです。

 

マクドナルドの商品の中で利益率の高い商品はビックマックらしいです。

つまり、顧客単価をあげるには、いかにビックマックを売るかがポイントとなります。

 

しかし、公式を見て下さい。

 

顧客単価がどれだけ高くても、顧客数をあげないことには、0なんです。

 

そこで、お客さんをお店に集める集客をしなければなりません。

その集客の方法で有名なのが、今は当たり前となった「100円マック」なのです。

コーヒー無料なんていうキャンペーンもありましたね。

 

 

まさに、これらが「集客」です。

 

もう一度、公式を見ましょう。

 

売上 = 顧客数 × 顧客単価


・顧客数をあげる → 100円マック
・顧客単価をあげる → ビックマック

 

爆発的な結果を出している人・企業ほど、この公式をシンプルに実現しています。

これは全てのビジネスに共通している本質の部分です。

 

インターネットビジネスでも、当然この公式はあてはまります。

最初にもいった、環境や制約で本質が見えにくくなっている。

 

まさに、インターネットビジネスとはまだ馴染みの無いもので、複雑に見えます。

 

しかし、原点に戻ると、とてもシンプルなんです。

 

だいたいの物事はシンプルです。それを複雑に捉えてしまっているだけ。

 

何かを成功させる上で、いかにシンプルに捉えるれるかが重要になります。

 

インターネットビジネスでも本質は同じ。

 

・顧客数をあげる
・顧客単価をあげる

 

 

ここにだけフォーカスをあてて捉えていきます。

顧客数をあげるということを「集客」と捉えます。

そして、「集客」するだけ、誰もモノを買っていかなければ、顧客単価は0です。

 

結果、売上げは0となります。

 

そこでステップとして、モノを買ってもらうことを「成約」と捉えます。

 

「集客」 → 「成約」

 

となります。

 

そこで集客したお客さんが、絶対成約するとは限らないので、

成約率をあげるために「教育」というステップを間にいれます。

 

これは、お客さんの購買意欲を向上させることを目的とします。

 

テレビの通販番組で「○○素晴らしい!」って言っているやつがまさにそれです。

 

あれは、テレビを見ている人の購買意欲を教育しているんです。

 

「集客」 → 「教育」 → 「成約」

 

となります。

 

そして、最後に顧客単価をあげます。

 

「売上最大化」と捉えます。

 

「集客」 → 「教育」 → 「成約」 → 「売上最大化」

 


これが、お金を生み出すための基本となります。

これが本質であり、各ステップを充実させることができるかで、売上が決まります。

 

ここからはインターネットビジネスに当てはめて、各ステップをどのようにしていくかを掘り下げていきましょう。

 

それでは、「顧客単価最大化」についてですが、

これは顧客単価を向上させるため上級者向けのステップなので、一旦はずします。

 

まず「成約」についてです。

 

成約をする上で最も効果的な手法は、「メール」のようです。

 

サイトで紹介して「はい、どうぞ」ではなく、直接メールで売るということです。

 

考えてみると「メール」にこだわるのには納得できます。

 

メールというのは最も頻繁にコミュニケーションを取る手段であり、

現代人には最も親しみのあるコミュニケーションツールです。

 

直接コミュニケーションが取れるので、信頼性も高まります。

 

また、何か良い商品があれば、何度でも購入していただくためのアプローチができます。

 

私自身、信頼できると思った方と直接メールでやり取りすることで、実際信頼を感じています。

これについては、自分が証明となったわけです。

 

そのため、最終的には「メールで売る」ということを意識していきましょう。

サイトで紹介して、どうぞ。というのはサイトの信頼性が確固たるものなら効果的です。

少なくとも、私はそれでは成約できませんでした。

 

「メールで売る」これを「成約」にセット。

 

 

次に、「教育」 です。

 

「教育」とはお客様との信頼性を高めることを目的に行います。

メールの内容から信頼してもらうことも可能です。

 

しかし、そもそも、相手のメールアドレスがわからないことには連絡の取りようがありません。

 

そこで、相手のメールアドレスを取得するということが重要になってきます。

 

これについては、ブログやホームページを作る事が効果的です。

 

ブログやホームページとはいわば、

「私とはこういう人間です。」といった、自身をアピールするお店のようなものです。

 

ブログやホームページに人の興味をひきつけるようなコンテンツを用意しておけば、

メールアドレスを登録してもらうことができます。

 

これも私自身、ひきつけられるようなコンテンツを用意されている方の、

メルマガに登録しました。

 

当然、登録してもらった後、ブログの更新内容をメールで流して

さらに信頼性を高めることもできます。

 

ブログとメールの連携は、信頼性を高める上で非常に効果的です。

ここまで「成約」、「教育」と説明しました。

 

最後に、ファーストステップである「集客」です。

 

この「集客」はビジネスにおいて最も重要な要素となります。

 

ビジネスの本質を思い出して下さい。

 

売上 = 顧客数 × 顧客単価

 

 

集客0の状態で教育が完璧にしても、顧客数は0のままです。

 

つまり、集客が0の場合、何をやっても0なんです。

 

では、「集客」についてです。

 

集客をする方法は複数存在します。

 

・Facebook
・mixi
・その他のSNS
・youtube
・ユーストリーム
・Line
・アメブロ
・FCブログ
・mobage
・PPC
・SEO
・スマホアプリ
・gree

 

などなど

 

これらのいずれかを選択して「集客」するのが効果的です。

もちろん、全てやるに越した事はないです。

 

最初はできないと思うので1つ、2つと増やしていくイメージです。

 

直接セミナーなんかをやっている人は、そういう場で宣伝するのも効果的です。

しゃべりが得意な人は、動画配信するのも効果的です。

 

自分の得意なものを選択して「集客」を強化して下さい。

 

最近では、大人気のFacebookなんかはこの「集客」を充実させる上で、

非常に効果的な手段だと思います。

 

しかし、最終的にはメールで「成約」するのが好ましいので、

あくまでも「集客」の手段として活用することを意識する必要があるようです。

 

以上が基本ステップの概要でした。

 

より具体的な収入の増やし方は、無料メールレターでお伝えしています。

収入の増やし方だけではなく、会社員にして時間がほしい!

なんて人も参考にして頂ける内容になってるかと思います。

 

→ 2014年最も確実に稼げるビジネスはコチラ

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

サラリーマン エンド

 

【権利収入】紙とペンだけで6億円。

こんばんわ。

エンドです。

 

おもしろいキャンペーンを

見つけました。

 

 

タイトルは。

 

 

『紙とペンだけで6億円』

 

 

信じられないですが、このカラクリは

権利収入にあります。

 

 

ネットビジネスには

色んな稼ぎ方があります。

 
一番参加者が多いのが、

「アフィリエイト」。

 

 

でも、「顔出し」して、

「ブランディング」する必要があるなど、

特定のサラリーマンには難しいビジネスかもしれません。

 
そこで、今回サラリーマンでも

こっそり権利収入を稼げる、

最先端のビジネスです。

 

→ http://123direct.info/tracking/af/644463/Bz2paj4a/

 

このビジネスを

紹介している山本智哉さんは、

ある特殊な方法を使って、

なんと6億円も稼いだようです。

 
そして、驚くべきなのは、

山本さんが6億円を稼ぐ為に使ったものが、

「紙」と「ペン」だけだということです。

 

 

ネットビジネス業界で有名になった方々も

絶賛しております。

 

 

「顔出し」が出来ないサラリーマンが、

会社に内緒でこっそり億を稼ぐ。

そんな時代が到来してしまいましたね。

 

 

今日は短めですが、

とんでもないノウハウのご紹介でした。

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

サラリーマンエンド。