シンプルなお金の仕組み

 

世の中のほとんどの物事は、意外にシンプルだったりします。

 

ただ、さまざまな環境や制約に影響されて本質が見えなくなっているものです。

 

「お金の稼ぎ方」「お金の仕組み」もまさにその代表例です。

 

実は非常にシンプル仕組みなわけです。

 

1つ爆発的な成功をおさめている、皆のハンバーガーショップ

マクドナルドを例にとってみましょう。

 

 

マクドナルドの社長原田氏は、私も尊敬している経営者の1人です。

 

彼は「売上」をあげるための方法について聞かれたときこう答えています。

 

「それは簡単です。公式に当てはめればいいんです。」

 

その公式とは、ビジネスの本質そのものです。

 

売上 = 顧客数 × 顧客単価

 

つまり、売上をあげるには、

 

 

・顧客数をあげる
・顧客単価をあげる

 

この2択なんです。

 

マクドナルドの商品の中で利益率の高い商品はビックマックらしいです。

つまり、顧客単価をあげるには、いかにビックマックを売るかがポイントとなります。

 

しかし、公式を見て下さい。

 

顧客単価がどれだけ高くても、顧客数をあげないことには、0なんです。

 

そこで、お客さんをお店に集める集客をしなければなりません。

その集客の方法で有名なのが、今は当たり前となった「100円マック」なのです。

コーヒー無料なんていうキャンペーンもありましたね。

 

 

まさに、これらが「集客」です。

 

もう一度、公式を見ましょう。

 

売上 = 顧客数 × 顧客単価


・顧客数をあげる → 100円マック
・顧客単価をあげる → ビックマック

 

爆発的な結果を出している人・企業ほど、この公式をシンプルに実現しています。

これは全てのビジネスに共通している本質の部分です。

 

インターネットビジネスでも、当然この公式はあてはまります。

最初にもいった、環境や制約で本質が見えにくくなっている。

 

まさに、インターネットビジネスとはまだ馴染みの無いもので、複雑に見えます。

 

しかし、原点に戻ると、とてもシンプルなんです。

 

だいたいの物事はシンプルです。それを複雑に捉えてしまっているだけ。

 

何かを成功させる上で、いかにシンプルに捉えるれるかが重要になります。

 

インターネットビジネスでも本質は同じ。

 

・顧客数をあげる
・顧客単価をあげる

 

 

ここにだけフォーカスをあてて捉えていきます。

顧客数をあげるということを「集客」と捉えます。

そして、「集客」するだけ、誰もモノを買っていかなければ、顧客単価は0です。

 

結果、売上げは0となります。

 

そこでステップとして、モノを買ってもらうことを「成約」と捉えます。

 

「集客」 → 「成約」

 

となります。

 

そこで集客したお客さんが、絶対成約するとは限らないので、

成約率をあげるために「教育」というステップを間にいれます。

 

これは、お客さんの購買意欲を向上させることを目的とします。

 

テレビの通販番組で「○○素晴らしい!」って言っているやつがまさにそれです。

 

あれは、テレビを見ている人の購買意欲を教育しているんです。

 

「集客」 → 「教育」 → 「成約」

 

となります。

 

そして、最後に顧客単価をあげます。

 

「売上最大化」と捉えます。

 

「集客」 → 「教育」 → 「成約」 → 「売上最大化」

 


これが、お金を生み出すための基本となります。

これが本質であり、各ステップを充実させることができるかで、売上が決まります。

 

ここからはインターネットビジネスに当てはめて、各ステップをどのようにしていくかを掘り下げていきましょう。

 

それでは、「顧客単価最大化」についてですが、

これは顧客単価を向上させるため上級者向けのステップなので、一旦はずします。

 

まず「成約」についてです。

 

成約をする上で最も効果的な手法は、「メール」のようです。

 

サイトで紹介して「はい、どうぞ」ではなく、直接メールで売るということです。

 

考えてみると「メール」にこだわるのには納得できます。

 

メールというのは最も頻繁にコミュニケーションを取る手段であり、

現代人には最も親しみのあるコミュニケーションツールです。

 

直接コミュニケーションが取れるので、信頼性も高まります。

 

また、何か良い商品があれば、何度でも購入していただくためのアプローチができます。

 

私自身、信頼できると思った方と直接メールでやり取りすることで、実際信頼を感じています。

これについては、自分が証明となったわけです。

 

そのため、最終的には「メールで売る」ということを意識していきましょう。

サイトで紹介して、どうぞ。というのはサイトの信頼性が確固たるものなら効果的です。

少なくとも、私はそれでは成約できませんでした。

 

「メールで売る」これを「成約」にセット。

 

 

次に、「教育」 です。

 

「教育」とはお客様との信頼性を高めることを目的に行います。

メールの内容から信頼してもらうことも可能です。

 

しかし、そもそも、相手のメールアドレスがわからないことには連絡の取りようがありません。

 

そこで、相手のメールアドレスを取得するということが重要になってきます。

 

これについては、ブログやホームページを作る事が効果的です。

 

ブログやホームページとはいわば、

「私とはこういう人間です。」といった、自身をアピールするお店のようなものです。

 

ブログやホームページに人の興味をひきつけるようなコンテンツを用意しておけば、

メールアドレスを登録してもらうことができます。

 

これも私自身、ひきつけられるようなコンテンツを用意されている方の、

メルマガに登録しました。

 

当然、登録してもらった後、ブログの更新内容をメールで流して

さらに信頼性を高めることもできます。

 

ブログとメールの連携は、信頼性を高める上で非常に効果的です。

ここまで「成約」、「教育」と説明しました。

 

最後に、ファーストステップである「集客」です。

 

この「集客」はビジネスにおいて最も重要な要素となります。

 

ビジネスの本質を思い出して下さい。

 

売上 = 顧客数 × 顧客単価

 

 

集客0の状態で教育が完璧にしても、顧客数は0のままです。

 

つまり、集客が0の場合、何をやっても0なんです。

 

では、「集客」についてです。

 

集客をする方法は複数存在します。

 

・Facebook
・mixi
・その他のSNS
・youtube
・ユーストリーム
・Line
・アメブロ
・FCブログ
・mobage
・PPC
・SEO
・スマホアプリ
・gree

 

などなど

 

これらのいずれかを選択して「集客」するのが効果的です。

もちろん、全てやるに越した事はないです。

 

最初はできないと思うので1つ、2つと増やしていくイメージです。

 

直接セミナーなんかをやっている人は、そういう場で宣伝するのも効果的です。

しゃべりが得意な人は、動画配信するのも効果的です。

 

自分の得意なものを選択して「集客」を強化して下さい。

 

最近では、大人気のFacebookなんかはこの「集客」を充実させる上で、

非常に効果的な手段だと思います。

 

しかし、最終的にはメールで「成約」するのが好ましいので、

あくまでも「集客」の手段として活用することを意識する必要があるようです。

 

以上が基本ステップの概要でした。

 

より具体的な収入の増やし方は、無料メールレターでお伝えしています。

収入の増やし方だけではなく、会社員にして時間がほしい!

なんて人も参考にして頂ける内容になってるかと思います。

 

→ 2014年最も確実に稼げるビジネスはコチラ

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

サラリーマン エンド