株から学ぶ金持ち父さん、貧乏父さんの本質。

こんばんわ。

サラリーマンエンドです。

 

数日間、海外にいたため

中々、ブログを更新できませんでした・・・。

 

インターネット環境がないのは不便の極みですね。

 

 

しかし、その分色々なインプットをしてまいりました。

 

 

 

最近はめっきり株と水彩画に

ハマっているエンドです。

 

トレーダーへの道を順調に進んでおります。

 

 

仲間と一緒に開発している株自動売買ツールですが、

中々の成果をあげております。

 

5月いっぱいで+300万の利益。

 

アベ様様なのですが、3000万程運用しているので、

+10%といったところです。

 

これは別に大きな成果ではなく、

運用実験から考えると普通の利回り。

 

僕のツールは+10%の利益が出るように

バックテストを繰り返しています。

 

 

統計データ通りです。

 

 

しかし、同システムを開発している仲間も

+10%の利回りなのですが・・・。

 

+30万円の利益。

 

 

これは、運用しているお金の大きさが違うためです。

 

 

僕が以前、紹介した『金もち父さん、貧乏父さん』

 

 

この中でも語られている事ですが、

人生でお金もちになるためのステップの中で、『投資家』というものは

最後のステップなのです。

 

 

僕自身、まだ手を出すには

早かったかなとは思っています。

 

しかし、私が考えるに

『やってみる』以上の勉強方法は存在しません。

 

だからとにかくやってみる。

 

別に損をしたところで、勉強料だと思っているので

特に痛手はありません。

 

むしろ、リスクを恐れて行動しないことのほうが

リスクであることを知っているので。

 

 

 

しかし、やってみて投資家が最後のステップ

だということがよくわかりますね。

 

 

投資というのは、どこまでいっても比率計算なので、

元資産が多い人が勝つようにできてます。

 

一定の額までいくと、市場を動かすことができる程です。

 

 

僕は実はこの『金持ち父さん、貧乏父さん』の通りに

進んでいます。

 

 

この本が推奨しているステップは以下のような感じ。

 

従業員(サラリーマン) ⇒ ビジネスオーナー ⇒ 投資家

 

ものすごく簡単に言ってしまうとこの本には

お金持ちになるための方法が書いていて。

 

何ももっていない普通のサラリーマンはビジネスオーナーを

目指すべきだという事が書かれています。

 

 

ビジネスオーナーとは、不労所得を得ている人のこと。

 

不労所得を得ている人とは自分がその場にいなくても、

所得を得ることのできる装置をもっている人のことです。

 

 

僕はサラリーマンになりました。

そして、ネットビジネスで不労所得を得ました。

 

今、投資家の第一歩を踏み出しています。

 

 

 

しかし、どこまでいってもリスクというのは消えません。

 

なので、何が起きても十分生活していくだけの収入を得る為に

サラリーマンを継続しています。

 

 

これが僕の成功のスタイル。

 

 

しかし、これはこの本に書かれている

ステップの基本を守っているだけなのです。

 

違う点といえば、サラリーマンをやめないという選択をしているので、

さらに堅実になっているところですかね。

 

 

当然、負荷は普通よりは高いというデメリットもありますが。笑

 

 

金持ち父さん、貧乏父さんを読んだことのある方は、

行動してからもう一度読み返してみると、新たな発見があります。

 

 

僕自身、いろいろな気付きがありました。

 

 

その辺はまた詳しく紹介していきますね。

 

 

今日は最後までお読み頂きありがとうございました。

 

サラリーマンエンド

2013年5月28日 コメントは受け付けていません。 ブログ