サラリーマン攻略法 -下流編-

 

このコンテンツでは、ビジネスの先進国であるアメリカの働き方をモデルとした学校でも研修でも学べないサラリーマン攻略法を掲載しております。

 

 

 

当コンテンツでは、日々サラリーマンとして厳しい日々を生きていく中で、誰もが悩まされる問題。

 

仕事の効率をあげたい。

周囲から評価されたい。

残業をなくしたい。

 

等等・・・。

 

これらの問題を解決し、他者を引き付けない圧倒的に仕事のできる人へと成長することができます。

 

仕事のできる人となったあなたは、上司や部下から揺るぐことのない信頼を得続けることができます。

 

会社で注目の的となったあなたは、上司からも同僚を引き付けない圧倒的な評価を得ることができ、結果的に出世することができます。

 

また、当サイトの真に仕事のできる人とは、残業をしません。

 

 

残業のないあなたは、プライベートな時間、スポーツやお酒、旅行といった趣味に明け暮れることも、

個人事業というスタイルでビジネスを実践し、経済的自由勝ち得ることも、

大切な家族と幸せな時間を過ごすことも、全てが可能になります。

 

全ては、知っているか知らないか。

行動するかしないかの差でしかありません。

 

ここでは情報を知ることができます。

行動するのはあなたの役割です。

 

ここで、このコンテンツに興味をもって頂けたあなたに、

本コンテンツのコアとなる重要な事実を1つお伝えします。

 

 

「私たち人間は絶対評価ではなく、相対評価のいきものである。」

 

 

あなたの会社の業績評価軸がどうであれ、

評価する生き物が人間である以上これは揺るがない事実です。

 

 

私たち人間は何かを評価する際に必ず何かと比べて評価します。

 

そして、上流のものに人は魅力を感じる。

 

 

例えば、時代は昭和にさかのぼります。

 

テレビがまだ白黒テレビの時代に、ブラウン管のカラーテレビが発売されたことで、

大衆はこれまでにない感動を覚え、その商品の価格についても、とんでもない額で販売されていました。

 

しかし、薄型液晶テレビが主流の今日。

ブラウン管のカラーテレビは廃れ、在庫処分すらままならない状態です。

 

同じカラーテレビから得られる情報は全く変わっていないのにです。

 

 

つまり、上流のものが現れたその瞬間、

人は上流のものに魅力を感じ、下流となった商品には価値がなくなってしまいます。

 

これはカラーテレビが観れるから評価が高いのではなく、

ブラウン管と薄型液晶テレビを相対的に比較した結果、薄型液晶テレビが優っているという

ジャッジを下しているだけなのです。

 

このように人は全てのものを想定的に評価することで、

自分が最善だと思った選択をしながら生きています。

 

これが人の本質です。

 

これはサラリーマンを完全に攻略する上でも、

かなり重要な要素の1つになってきます。

 

おもいろいと思いませんか。

 

 

普段何気なくやっていることも、言葉にして聞いて、理解するだけで、

あなたが使える大きな武器へと変化します。

 

 

是非、このコンテンツをマスターし、あなたの引き出しを増やしてください。

 

ビジネスについてもっとコアで具体的に稼げる情報が知りたい方は無料メールレターにて

定期的に配信していきますので、ご登録下さい。

 

→ 2014年最も確実に稼げるビジネスはコチラ

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

サラリーマン エンド