サラリーマンの働き方が変化している

 

■2014サラリーマンを続けながら不労所得を最速で得る方法
→ サラリーマンを続けながら起業家レベルの『時間』と『収入』を得る方法

 

今この情報をご覧になって頂き本当に良かったと思っています。

サラリーマンの働き方が変わろうとしています。
日本は先進国を真似て、日本独自のエッセンスを加えることで常に成長を遂げてきました。

 

今サラリーマンという働き方が末期を迎えており、ビジネスの先進国であるアメリカの働き方にシフトしていっています。
今、起業が簡単にできるようになり、会社をやめて企業をする人達が急増しています。

 

突然ですが、日本の社会人で社長の割合はどれくらいだと思いますか?
だいたい1%~1,5%と言われています。

 

意外に多いですよね。

 

では、アメリカではどのくらいだと思いますか?
実は3人に1人が社長というデータがあります。

 

私は海外の友人がたくさんいるのですが、そのほとんどは企業に勤めながら別の仕事を2つも3つも持っています。

 

 

自分の会社を持ちながら、サラリーマンをしていたり、既にある商品を仲介して販売して収入を得ていたり、その形状は様々です。

 

 

思い出してください。

 

日本は先進国の跡を常に追って変化していきます。

 

 

サラリーマンが年収300万円時代に突入するという背景を受け、近い将来日本も副業をしているのが当たり前の世の中になっていると私は考えます。
にも関わらず、現代のサラリーマンはお金を生み出す法則を知らないのです。

 

 

ビジネスマンと呼ばれながらもほとんどのサラリーマンはビジネスの本質を知りません。

 

逆に捉えれば、ほとんどの人がまだ知らない今、あなたがお金の法則を知ることでこの先の人生かなりのアドバンテージを得ることができます。

 

 

『お金の移動を支配する単純な法則を理解している人間にとってお金は無限にある。』

 

 

 

これはジョージクレイソンさんの言葉です。

 

彼は古代バビロニアの法則を研究し、自身もそれを実践したところ、大富豪になりました。

 

このように法則は時代を超えて色褪せることなく同じ結果がでるように作用します。

 

このような法則を知っているか知らないかで、サラリーマンでも、会社に依存し、長時間会社のために働いて年収300万円の人と、
会社に依存せず、プライベートな時間を楽しみながら生きているのに、年収1000万円を超える人に別れてきています。

 

このストレス社会で生きるサラリーマンとして、不満に思うことはありませんか?

 

 

例えば。

 

仕事がうまくいかない。

周囲が評価をしてくれない。

仕事にやりがいがない。
給料が少ない。

残業が多くて時間がない。

 

不払い残業。・・・

 

頑張っている人ほど、たくさんの不満を感じながら生きています。

 

私もそのひとりだったのでわかります。
1年前までは残業100~200時間という地獄のような生活をおくっていました。
自分ではそう思っておりませんでしたが、まさに「社畜」でした。

 

そんな中、ビジネスの先進国であるアメリカの働き方を学び、学んだ法則を使いこなしたところ、私はシステムエンジニアという残業の多い職業でありながら、上司からの業績最高評価をキープしながら、毎月の残業が100時間から20時間まで削減し、余った時間でネットビジネスをすることで10倍の収入を手にしました。

 

 

現在も大手IT企業に勤めるサラリーマンですが、起業家レベルの自由な時間と収入を得ることができています。

 

 

このような法則を知ったことで1社員にして、勤務先である大手IT企業社長の推定月収を超えることができました。

 

 

私の無料メールレターでは、あなたに世の中の真実を知ってもらいます。

世の中のお金の仕組みから、1人のサラリーマンがどのようにお金を生み出すことができるのかなどなど具体的に知ってもらいます。

 

次回の動画では、非常に重要な事実。

世の中の真実を伝えた上で、サラリーマンが置かれている状況をお伝えします。

 

衝撃的すぎて受け入れがたい情報かもしれかもしれませんが、事実です。

 

 

世で成功している全ての人たちが、この世の中の真実に影響されたといっても過言ではありません。

 

 

 

是非、何度も見てあなたのふに落とし込んでみてください。

 

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

 

 

サラリーマンエンド