サラリーマンの仕事で表彰されました

こんにちわ。
エンドです。

先日、大規模な仕事をやりとげた事で会社から表彰されました。
非常に名誉なことなそうです。

私自身、達成感はあります。

しかし、これだけ大きな仕事をして、何億という利益をだしてもやはり自分に何も返ってこないというところもサラリーマンの真実です。

でも、これは仕組み上仕方ない事です。

成果を出した人には報酬を、成果を出さない者にも固定給を。
これは都合がよい話ですよね。

とはいえ、成果を出す事に何かしらのメリットをおかなければ、サラリーマン達は頑張りません。

だからこそ、表彰という仕組みをつくって、たたえるのです。
それが果実となり、社員は皆さらに頑張ろうとします。

このように大企業の経営者は、いかに社員のモチベーションを高めるかに
かかっているわけです。

私の会社はモチベーションを高めるのが比較的うまいほうだと思います。

では、私たちサラリーマンはどうすればいいのでしょうか。

まず、この経営陣の意図を知りましょう。
経営者側が考えている事を、きちんと把握しましょう。

小さい会社の社長よりも、サラリーマンこそ、
会社の目的をきちんと知るべきなのです。

お互いがWin-Winになれる関係を築いていきましょう。
そして会社のことをわかってあげましょう。

あなたがどれだけ頑張っても、会社はあなたに与えられる限界があるのです。

もし、あなたが今会社が与えられる以上の事を会社に求めているのであれば、頑張る方向を変えましょう。

会社には限界がある。

これだけは理解してあげてください。

表彰されて、約1万円もらいました。
大きな仕事の売上は数十億ですよ。

これが現実です。

大規模な仕事をする喜び

こんばんわ。
エンドです。

本日は私のサラリーマン業の中で最も規模の大きい仕事をやり遂げたお疲れ会を会社の仲間と実施しました。
最高の気分で、今寝る前ですが余韻を味わっております。

今回成功したビジネスは10億円規模のビジネスになります。

個人ビジネスで10億円を売り上げたと言えば、一生困る事の無いお金を手に入れる事が出来ますが、10億円規模のビジネスを成功させても、入るお給料は変わりません。笑

これが日本のサラリーマンという仕組みでは常識なので、特に嘆くことはありません。

サラリーマンという仕組みでお金を稼ぐなんてことは不可能なのですから。

しかし、お金が全てではありません。

お金をもっている人が言わないと説得力にかけますが、真実だと思います。

1人で1億円売上げてものすごい達成感に見舞われることもあるでしょう。

しかし、50人近い人達と協力して成し遂げた仕事です。
これもまた、最高の達成感があります。

しかし、ここに至までには本当につらい道のりがありました。

規模が大きいと目の前の仕事に気を取られ、ついつい何のために働いているのかを見失いそうになったり。

時間に追われる生活を共用されたり。

一見、ろくでもない状態になります。
ある種、成長も止まります。

しかし、それでもこの大人数で大きな事を達成した喜びは、
個人ビジネスでは得難いものになります。

お金は入りません。

しかし、それでも組織として大きな事をやりたいと思える人はその道を突き進めば良いと思います。

サラリーマンでしか味わえないやりがいというのを感じるのも、良いものですよ。

お金は別で稼げば良いのですから。

今確実に稼げるビジネスをついでにご紹介しています。
→ http://salaryend.com/lp/web

サラリーマンにやりがいを感じているが、お金はいるという方にもおすすめの情報となってます。

期間限定無料公開しておりますので、参考にしてみて下さい。

しかし、最高の1日でした。

おやすみなさい。

エンド

サラリーマンで稼げる副業

お金と命のバランス

サラリーマンで稼ぐ方法はネットワークビジネス、フランチャイズ、不動産、株などたくさんあります。
私の行っているネットビジネスにおいても、アフィリエイト、せどり、輸入ビジネス、アドセンス等たくさんの稼ぐ方法があります。

数ある稼ぐ方法の中から、サラリーマンで稼ぐ上で最も気をつけなければならない条件とはどういったものなのでしょうか。

サラリーマンで稼ぐ条件とは

稼ぐモデルが不労所得でなければならないということはご説明してきましたが、どのビジネスが不労所得化できるのでしょうか。
極論を言うと、実は全てのビジネスは不労所得化できます。

例えば、輸入ビジネスは中国から安い品を大量購入して、日本のAmazonや楽天でネット販売するといったものが最近のトレンドです。
一見このビジネスは商品を選んで、中国から購入する手続きをし、日本のネットショッピングに出典するといった多くの作業が発生するように思われます。
しかし、人を2、3人雇うとどうでしょう。

実は全てのビジネスは人を雇い、その人達を働かせることで不労所得になります。
いわゆるそれが、経営者というものです。

しかし、人を雇うということは、そもそもある程度の資金力がなければできないため現実的ではありません。
ですので、1人で不労所得を生み出せるアフィリエイトやアドセンスをお勧めします。

ネットワークビジネスを選ばなかった理由

管理人はネットワークビジネスの勧誘を受けましたが、結果的にそのビジネスをやりませんでした。
日本では”ねずみ講”と言われ、評判が悪いビジネスですが、アメリカの経済危機を救ったと言われる程、海外では有名なビジネスモデルです。

ビジネスモデルとしても、多くの仲間を持てば安定的な収入を長期的に得られるためかなり優れたモデルです。

では、なぜ管理人がやらなかったのか。

実はネットワークビジネスは不労所得と思いきや、不労所得じゃないんです。
毎日人を勧誘しなければなりませんし、セミナーや仲間の相談にのるために時間を割かなければなりません。

勧誘することやセミナーなんかを怠ると、いつのまにか自分の配下の人達がどんどんやめて自分の収入が下がりだします。

サラリーマンにとって、平日のアフター5、土日の時間を使わなければならないのは致命的です。
非現実的な生活を送る事になりますので、ネットワークビジネスをする際には覚悟して下さい。

では、どういうビジネスが良いの?

管理人が進めるアフィリエイトやアドセンスは、一度仕組みを作ってしまえば、完全不労で所得を得る事ができます。
アドセンスであれば、アクセスが集まるサイトを保有しているだけで毎月収入が入ってきます。
アフィリエイトであれば、少し工夫するだけで勝手に自分の商品が売れていく仕組みを構築することができます。

これらは構築するまでに時間がかかります。(ネットワークビジネスほどではないですが・・・)
しかし、一度構築してしまえば、勝手にお金が入る仕組みを実現することができます。

忙しいサラリーマンの時間は有限です。
いつまでも時間をかけてはいられないので、一度作ってしまえば完全に放置できる仕組みがサラリーマンと相性が良いと言えます。

今であればYouTubeを使ったネットビジネスが確実に稼ぐ事ができるのでオススメです。
→ YouTubeを使って富豪になる方法

サラリーマンなら一度頑張れば手放せる仕組みをつくることに集中していきましょう。
収入のモデルが結局時給になると、健康的に良くありません。

画像データを1枚8000円で売る方法

こんにちわ。
エンドです。

先日、奥さんとある表参道のスタジオに行き、ウェディング姿の記念写真を取って参りました。

そのお店のキャッチフレーズは、平日なら4444円でウェルカムボードと、画像データを1枚プレゼントします。

とのことです。

うちの奥さんは喜んでそれに飛びつきました。

私もこの結婚式や記念撮影という業界について詳しくないので、言われるがままについていきました。

到着するなら店員さんから、衣装選びの資料を渡されます。

すると、右上になにやら怪しいシールが張ってあるのです。

黄色の○、赤色の○、緑の○

なんだろうなぁと思い聞いたところ、
緑色の○がついたものは衣装代が無料のものです。

黄色は2万円、赤色は3万円とレンタル料が発生します。

・・・。

まぁ、とはいえ無料のものもあるわけだし、いいかと思いましたが
よくみると、緑色の無料の衣装は30種類あるうちの3種類くらいしかありませんでした。

しかし、意外にこれでもいいじゃん と思えるぐらいの3種類だったので、嫁にこれでいいんじゃないかと言ったところ、嫁もその瞬間は同意し、それを選ぼうとすると。

店員「実は無料のものは多くの人が選ぶので、正直、痛んでいるし生地も安い分いいものじゃないんですよ」

僕ら「えっ」

店員「なのでせっかくの機会ですし、店員としては有料のものをおすすめさせて頂いております。」

・・・。

まじですか、セールスか。

と思いながら、でも関係ない。

元々4444円という値段が魅力できたわけだから、無料のものをえ・・・

えっ?

奥さん「エンド、黄色のこのドレスと赤色のこのドレスで迷ってる」

えっ?

もう嫁は店員の策略にはまっていたようです。

女性はこうまで簡単に戦略にはまるのかと思いましたが、、、

これが現実のようです。

有料のドレスを選択し、撮影に入りました。

いろいろなポーズで撮り、合計150枚くらいの写真のデータが一覧化されました。

これとこれと、これもいいね〜と言っていると。

私も含めて忘れていました。
4444円では1枚しかもらえないことを。

でも、この写真だけはほしい・・・。

1枚追加でいくらですか?

店員「8000円です」

ビジネスとわかっていながらも、少しイラッとしました。

なぜなら、もうデータとしてSDカードの中に画像データが存在するわけです。
それをドラッグ&ドロップでファイルを移動するだけで画像データをお客様にあげれるわけじゃないですか。

それなのに1枚8000円って・・・。

正直もはや悪徳商法だと思いました。

無いカットを再度、取ってくれということなら、追加で撮影代も発生するでしょう。
しかし、既にあるものを・・・

これ以上言っても仕方ないですね。
そういうものです。

結局、4444円に飛びついたはずが、お会計では60000円近く払っていました。
完全にカモられたエンド一家でした。笑

しかし、これはある意味、画像データを高確率で1枚8000円で売る方法ということができるでしょう。

ネットビジネスでいろいろなキャッチフレーズで商品が販売されています。

ものはいいよう。
いろいろな言い方ができるので、注意してくださいね。

とはいえ、カメラマンは流石の腕だったのでよい写真を頂くことができました、結局は感謝なのでした。

エンド

初心者でもできるGoogleアカウント作成方法

Googleアカウントの作成方法について動画で解説しています。
初心者でも簡単に作成できるように解説しておりますので、ご安心下さい。

YouTube