7つの習慣「インサイドアウト」

こんばんわ。
エンドです。

この動画では「7つの習慣」の前に意識すべき「インサイド・アウト」という概念を
あなたに完全にマスターして頂き、成功への第一歩を踏み出して頂きます。

インサイドアウトをマスターすることで、世界の見え方が一変しこの動画を見終わった瞬間から昨日までとは違う視点で物事を捉える事ができるようになります。

インサイドアウトは例外なく成功者が実践している概念です。
確実にマスターしてみてください。

では、さっそく解説していきます。

覚えておいて下さい。

私たちは、世界をあるがままに見ているのではなく
私たちのあるがままに世界を見ている。

私たちは、世界をあるがままに見ているのではなく
私たちのあるがままに世界を見ている。

私たちは世の中の物事を全て自分を基準として都合のように見ており
自分の基準で物事を「いいこと」「悪い事」を判断しています。

そういう人はいつでも「できなかった理由」を人のせい、環境のせいにするのです。

いや、自分は大丈夫。
そんなことはない。

と思われた方は優秀です。
どれだけ自分を客観的に見れる人間であっても、事象を自分が見たいように見ているという呪縛からは逃れられないのです。

インサイド・アウトとは全ての問題は自分の中にあり
自分が変わらなければ、周囲も変わらないという考え方のことである。

人のせいや環境のせいにした瞬間、そこで自分自身の成長が止まってしまうという発想からきています。

仕事で失敗すれば、職場の雰囲気や上司のせいにする。
食事会での会話が盛り上がらないのはそこに出席しているメンツのせいにする。

こうして相手を責める事で、ますます周囲から避けられて成長の機会を逃してしまうのです。

インサイドアウトをマスターするためには、パラダイムシフトをする必要があります。
パラダイムとは世の中の物事を見るときに基準となる考え方のことです。
それをシフト、変える必要があるのです。

自分が正しい、相手が間違っているというパラダイムを持ち続けているうちは何も変わらないのです。

では、どのようなパラダイムを持つべきなのかですが、7つの習慣では原則に基づくパラダイムを持つべきだと明言しています。

原則とは、国や時代を超えても誰もがその価値を認めるもの。
具体的には公正さ、誠実、勇気などを指します。

成功するためには自分の内面、つまり考え、見方、人格、動機が原則にあっているかに気をつけ、行動を変える事で結果を引き寄せようとする意識が大切です。

人は誰しも、過去の経験や知識を参照し、世界を見ています。
しかし、ごく一部の成功者のみがインサイドアウトを実践し、成功を収めています。

あなたもこのインサイドアウトを実践し、成功への第一歩を踏み出しましょう。

成功哲学「7つの習慣」の前提インサイドアウトという概念についてでした。

最後までご覧になっていただきありがとうございました。

エンド

7つの習慣「真の成功は人格を育てることから始まる」

この記事では「7つの習慣」の前提知識について解説していきます。

動画をご覧下さい。

この前提知識をしっかりマスターすることであなたは、成功マインド「7つの習慣」を成功者以上に使いこなす事ができるようになります。

知識は知っているだけでは意味がありません。
使いこなせてこと価値が生まれます。

はりきって参りましょう。

覚えておいて下さい。

「真の成功は人格を育てることから始まる」
「真の成功は人格を育てることから始まる」

これが7つの習慣の1つめの大切な前提知識です。

「7つの習慣」では謙虚、勇気、正義、勤勉、節制など人として真に価値のある人格を手に入れる事で、
本当の意味での成功と幸せをつかむことができるという事を明言しています。

ここでいう「人格」と起業家達のいう「マインド」とはほとんど同じ意味になります。

そして「7つの習慣」はこの人格・マインドを高めることができる習慣のことです。

人格を大切さを理解していても、人はすぐには変われないと感じる人は多いかと思います。

安心して下さい。あきらめる必要は全くありません。

人格を向上させることは勉強やスポーツと同じであり、失敗しながら練習していくものなのです。

これは世の有名な成功者ですら、日々練習し続けています。
どこまでいっても、人はおごりや過信、ねたみ、嫉妬という負の感情がでなくなることはありません。

あなたがビジネスで3億円稼いだら、おごりや過信を起こすと思います。
努力してビジネスで3億円稼いだあなたが、宝くじを当てて3億円を手に入れた人を見ると、ねたみや嫉妬を起こすと思います。

毎日意識することで人の人格は成長していきます。

この練習を続けるための秘訣は、毎日の歯磨きのように人格を高める行動を習慣として身につけてしまう事です。

人がある行動を習慣として身につけるためには、

「なぜ必要か、何をするのか」といった【知識】
「どのようにするのか」という【スキル】
「習慣にしたい、という思い」【意欲】

の3つが必要だと言われています。

これら3つの要素を頭にいれ、7つの習慣でこれから学ぶ行動を習慣化することで
確実に人生を変えていくことができるでしょう。

そして覚えておいて下さい。

テクニックで手に入れる成功は長続きしません。

テクニックで手に入れる成功は長続きしません。

人は「自分の才能で何かしたい」と誰もが思い、会話・交渉の知識や稼ぎ方といったテクニックばかり身につけようとし、
ネットやテレビで見た他人のやり方を真似しようとする人がいます。

しかし、こんな表面的なテクニックを磨くだけでは、人生を豊かにすることはできません。
成功するためには「7つの習慣」をみにつけ、人格を育てることが必須です。

これから人格を育てることで人生を豊かにし「良い人」になっていきましょう。

次回は2つめの前提知識「インサイドアウト」という概念について解説していきます。

最後までご覧になっていただきありがとうございました。

またお会いしましょう。

7つの習慣を徹底解説

 

こんばんわ。
エンドです。

この動画では、成功マインド「7つの習慣」を徹底的に解説していきます。

この成功マインドを身につける事であなたは
経済的に自由で人にも恵まれた豊かな人生を過ごし、1人の人として確実に成功への道を歩み出すことができるようになります。

逆にこの成功マインドを身につけなければ、一生人間関係やお金に悩み続ける人生を歩むことになります。

この成功マインドは成功者が例外無く身につけているマインドです。
確実に人生が変わりますので、成功マインドをみにつけていきましょう。

ところで1つ質問です。
私が先ほどから何度も使用している”マインド”という言葉について
あなたはどう感じますか?

何かオカルトっぽい。洗脳される。宗教のような感じがする。

もしかしたら、そんなマイナスイメージがあるのではないでしょうか。
私は副業をはじめた頃、そう感じました。
寒気がしたのを覚えています。

例えば起業家はビジネスをしてお金を稼ぐ上で、テクニックとマインドが必要だと言います。

テクニックとは稼ぐための技術・やり方の話です。
マインドとは「物事の考え方」です。

例えば、「倒れている人がいれば、助けましょう」

これもマインドです。
こういう考え方をあなたの脳にセットすることを、マインドセットといいます。

では先ほどの例でいうとお金を稼ぐ上で、テクニックとマインドはどちらが重要だと思いますか?
この2つの重要度の割合は8:2だと言われています。
5秒間で考えてみて下さい。

5
4
3
2
1

どうでしょうか。
実はお金を稼ぐ上ではマインドが8、テクニックが2というのが答えです。

私は直感で嘘だなと感じたのを覚えています。
なぜならどれだけ良いマインドをもって仕事をしていたとしても、やり方が悪ければ成果はでないからです。

これは事実だと思います。
実際、私の経験から言っても事実でした。

しかし、そうしてマインドを怠ってテクニックばかりを追求してビジネスをした結果、
100時間かけて稼げたお金は4800円でした。
時給48円という驚愕の数字をたたき出しました。

へこみましたし、何のためにやっているのかわからなくなったのを覚えています。

その後、ある信頼できる起業家と出会いマインドを高めた結果、
20時間に対して、50万円という金額を稼げるようになりました。

テクニックである稼ぎ方、ビジネスモデルは全く変わっていないのにです。
結果的にマインドを高めることで大きな成果を手にしました。

このような言い方はあまり好きではありませんが、結果を出した人だけが
「マインドは大事だ」という意味の真意を理解できるんだと思います。

しかし、世の成功者は皆最初からマインドが大事だと思っていたわけではありません。
皆、成功者をまねて成功マインドを身につけてきました。

なのでこれから成功するあなたには、確実に成功マインドが必要です。
「7つの習慣」には成功マインドの結晶とも呼べる内容が凝縮されていますので、
あなたへ最初にプレゼントするにふさわしいと考え、配信させて頂いております。。

「7つの習慣」から得られる成功とは単にお金持ちになることではなく、
サラリーマンであっても起業家であってもフリーターであっても、主婦であっても関係ありません。
それぞれにあった共通的な成功を手にするための考え方です。

あなたの大切な時間を少しだけこれからのメールを見るのに裂いて頂ければ、
あなたも確実に成功者と同じ道を歩む事ができるようになります。

とはいっても私の事をまだ信頼できないかと思います。
自己紹介の動画を掲載しておきました。

お時間あれば見て頂けると幸いです。

次回は7つの習慣の使いこなすための前提知識をお届けします。

7つの習慣の最初にこのような一文があります。
「7つの習慣」は人生を変える。だがその前に、前提として知っておくべき事がある。

その1つをお伝えします。

「真の成功は人格を育てることから始まる」
「テクニックで手に入れる成功は長続きしない」

楽しみにしていて下さい。
最後までご覧になって頂きまして、ありがとうございました。

また、お会いしましょう。

地域ドミナントというビジネスモデル

こんばんわ。
エンドです。

今日は”地域ドミナント”というビジネスモデルについて解説していきます。

地域ドミナントとは、競合が入る余地がないほど高密度に出店し、その地域の顧客の総取りを目指しつつ、配送などの業務効率を向上させるモデルとなります。

このモデルはリアル店舗を持つ企業のためのビジネスモデルであり、取り入れている代表的な企業としてはスターバックスや、セブンイレブン、西松やなどがあげられます。

あなたのご近所で既にあるセブンイレブンの数メートル先に、新たなセブンイレブンがオープンしたという経験をしたことはありませんか?

これは完全に地域ドミナントを使った戦略です。

都市部では圧倒的店舗数を誇るセブンイレブンですが、地域ドミナントを取り入れてる関係から、2013年末でも青森県や愛媛県では全く店舗を出店していません。

西松屋はドミナントエリアを設定して出店していますが、店舗の売上高が目標値を越えるとわざとその店舗の近くにもう1店舗出店し、共食いさせる戦略をとっています。

こうすることで、競合が入り込むすきをなくなるのと同時にお客様からすればゆったり買い物することができ、レジでの待ち時間なども緩和されます。

そうすると、顧客満足度もあがりリピータが増え、さらに売上があがるという仕組みになっています。

とはいえ、地域ドミナントは西松屋のように店舗毎の共食いを誘うことで1店舗あたりの売上は下がるのは事実です。
しかし、それをカバーする運用管理面でのメリットがあります。

1つの狭い地域に店舗が密接していることで、商品配送のコストが大幅に削減できます。
また、リアル店舗で成功の鍵を握る在庫についても店舗間で共有することで、在庫の総量を圧縮することも可能です。
在庫がきれていても、隣の店舗に誘導することで売上を逃す事が緩和されます。

有効に機能する条件

このビジネスモデルは地域を占領できなければ意味が無いのですが、ある一定の地域のみ占領することは中小企業でも可能なため、中小の主に小売業や飲食業で用いられています。

地域ドミナントの注意点

地域ドミナントの特徴は述べましたが、地域ドミナントは1店舗あたりの売上は事実下がります。

これは店舗の経営者に心理的には受け入れがたい事実です。
なぜなら、普通の経営者なら1店舗あたりの売上を最大化することに集中するからです。

この売上を最大化するという合理的な考えの下、店舗間の距離を取り出すと地域ドミナントのビジネスモデルは崩壊し始めます。

地域ドミナントは各店舗の売上をわざと落とすモデルなので、フランチャイズとの親和性は低いと言われています。

当然ですよね。

自分がセブンイレブンを経営している立場で、自分のお店から数メートル先に新しいセブンイレブンができるとなると通常受け入れがたいものです。

スターバックスはこれを考慮して、全て直営店として出店しています。

セブンイレブンはフランチャイズですが、集中出店することにより顧客心理が変わりセブンイレブンの利用率があがることで1店舗あたりの売上もあがるという説明をしています。

このビジネスモデルの他の活用例

地域ドミナントの特徴は、その空間の需要を独占するというところに本質があります。

そのため、オフィスに設置された自動販売機や、おかしボックスなどもこれに該当します。
あなたの身近にもこのモデルを活用したビジネスモデルがたくさんあるはずです。

地域ドミナントから学ぶ本質

インターネットにより、ほとんどの業界で競合侵入を防ぐ方法はなくなりつつあります。
しかし、物理的な店舗をもつビジネスについては、唯一地域ドミナントのような戦略を活用することで、需要の独占が可能です。

単体で見れば売上は下がるため、非合理的なモデルですが、全体として見れば売上があがるというモデルになります。
こういった仕組みを活用することで、業界によってはより売上を向上させることができるでしょう。

ネットビジネスではどのように生きるか

現状、ネットビジネスでは競合の侵入を防ぐ事は不可能に近くなっています。
例えば、パズドラのようなゲームを用いたビジネスも、パズドラを筆頭に様々なゲームで同様のビジネスモデルが展開されています。

ネットビジネスにおいては、他に無い価値を提供する以外に独占する方法は無いといえるでしょう。
ネットビジネスをやる上での課題でもあります。

インフォビジネスでは、良いものをリリースしても、すぐにコピーされてしまいます。
そのため、永続的にどうというモデルは難しいのが現状ですね。

以上、長くなりましたが、地域ドミナントというビジネスモデルでした。

エンド