7つの習慣 刃を研ぐ Chapter7

こんばんわ
エンドです。

この動画では7つの習慣の最後の習慣「刃を研ぐ」について解説していきます。

全て物事においてより大きな成果を出すために第1~第6の習慣を日々実践し、自分を鍛える事で切れ味を高めていきましょう。

さっそくまりいましょう。

最後の習慣、「刃を研ぐ」では肉体・精神・知性・社会、情緒という4つの側面で
バランスよく刃を研ぐための時間を取る習慣が成功への最短ルートだと明言しています。

肉体的側面で刃を研ぐとは、運動によって身体をメンテナンスすることを指します。

これは持久力・柔軟性・強さという3つを鍛える事ができ、健康的な身体なら第1の習慣「主体的である」も続けることができます。

精神的側面で刃を研ぐとは、自らの価値観を深く見つめる事を指します。

読者や音楽鑑賞、自然の中に身を置くことなどで、自分の心と向き合うことを定期的に行いましょう。

そうすることで第2の習慣であるブレない本当の自分を深いレベルで手に入れる事が出来ます。

知的側面で刃を研ぐとは、情報収集力や選択力を磨くことを指します。

第3の習慣に基づき自分の目的や価値観にあった番組や優れた本を読むことを習慣づけましょう。

自分の考えや経験を日記やブログにアウトプットすることも非常に効果的です。

社会・情緒的側面で刃を研ぐとは、人間関係においても自分の価値観を忠実にふるまう事を指します。
仕事やボランティアによる社会貢献などの活動で、公的成功をめざす第4、5,6の習慣のために必要な事です。

7つの習慣がもたらすものはこれら4つの側面のリニューアルです。

これはつまり人間としての刷新が期待できるということです。

自分自身が鍛えられ、自分の価値が高まれば、そのぶん人の支えになる事も出来る。
人の支えになれば、また新たな自分の価値に気付きます。

こうして自分の活動自身が自分自身のシナジーになります。

最後の習慣は一言で表現すれば「網羅的な自分磨き」のことを指しています。
しかし、自分磨きは第1~6の習慣が十分に身についていなければ、
必ず壁にぶつかり、成長が止まってしまいます。

全ての習慣を身に着けていれば上へ向かう。
つまり成功者になるための階段を最速でかけあがることができます。

成功とはなんでしょうか。

お金を持つ事でしょうか。
きれいな異性をパートナーにすることでしょうか。
良い車に乗る事でしょうか。
良い家に住む事でしょうか。

残念ながら成功に答えはありません。

なにがどうなれば成功だという定義は人によって異なります。

7つの習慣では1つの答えを指し示しています。

成功とは「素晴らしい1人の人間になること」

そして、自分自身と1つになり、愛する人たちや友人、同僚と1つになることが

「7つの習慣」の最高で最良、もっとも実りある果実だとしています。

7つの習慣を通して、あなたの人生をよりよいものへ変えていきましょう。

最後までご覧になって頂きまして、ありがとうございました。

7つの習慣 シナジーがもたらすコミュニケーション Chapter6-2

こんばんわ
エンドです。

この動画では「シナジーがもたらすコミュニケーション」について解説していきます。

この動画を見る事であなたは、シナジーとコミュニケーションの関係を完全に理解することができ、人との仕事で成果を出すためにどのようにすればいいのかが明確になります。

さっそくまいりましょう。

覚えておいて下さい。

シナジーの鍵は、コミュニケーションの深さである
シナジーの鍵は、コミュニケーションの深さである

言葉の通り、シナジーを生み出す鍵はコミュニケーションの深さにあります。
コミュニケーションの深さを「信頼度」と「協力度」という軸で3段階にわけて表現することができます。

最も低いレベルが「防衛的コミュニケーション」

これはお互いが守りに入り、自分が損しないことを最優先に考えるため、結果は必ずWin-LoseもしくはLose-Winで終わります。

信頼と協力がやや高まったレベルが「尊敬的コミュニケーション」

ある程度の相互理解は生まれるが、「共感による傾聴」には至らないため解決は妥協によって行われる。

そして、信頼と協力がさらに高まれば「シナジー的コミュニケーション」が生まれる。

互いの相違点を深く理解し、個々が挙げる成果よりも大きな成果を生み出せる関係であり、結果は必ずWin-Winとなる。

このシナジー的コミュニケーションでのみ、前動画で述べた「第3の案」が生まれます。

しかし、このシナジー的コミュニケーションを難しいと感じる方が多いのではないでしょうか。

他人の批判ばかりする同僚。
自分の意見を強引に押し付けてくる上司。
自己主張ばかりする友人。

そんな人達と相違点を尊重するような気になれない、共感するのは無理と感じる人も多いでしょう。
当然です、なぜなら彼らといることは居心地が悪いからです。

世の中の人達が全員「7つの習慣」を身につけていれば、そんなことないのだと思いますが、どこにでも、付き合うのが難しい人はいます。

そんな人達とは無理にシナジー的コミュニケーションを取る必要はありません。

しかし、そこで諦めてしまっては自分の成長が止まるのも事実です。

たとえどんな相手と衝突することになっても、自分は自分の原則を守る。
自分の人生をどう生きるかは、自分の問題です。

どんな相手に対しても違いを尊重してシナジーを創りだせる。
そう信じて根気づよく接するからこそ第3の案が生まれるのも事実です。

相手に問題があると言う考えではなく、全ての問題は自分の中にあるという考え方ができなければ、どんな人と出会っても相手のせいにし続ける人生が待っています。

とくに起業家のような個人ビジネスをする人間は仕事相手を選ぶ事ができますが、サラリーマンのような組織で働くと仕事相手を自由に選べません、

まともな仕事相手を選べないからシナジー的コミュニケーションが取れないというのは完全に主体的でない他責的な考え方ですので、そのように考えるのはやめましょう。

相手を選べないということは、裏を返せばどんなやっかいな人間であってもシナジーを生み出せる人間になる成長の場にいるということを意味します。

シナジー的コミュニケーションを取れるように、普段の自分の行動を変え、相手を変えていける人になりましょう。

次回は最後の習慣「刃を研ぐ」になります。

最後までご覧になって頂きまして、ありがとうございました。

7つの習慣 シナジーを創り出す Chapter6-1

こんばんわ
エンドです。

この動画では、第6の習慣「シナジーを創り出す」について解説していきます。

人は人と組んで何かしようとする時、どうしても共通点ばかりに目がいってしまいます。
しかし、相違点をぶつけ会うからこそ、互いのよさを活かし合い、シナジー効果で大きな成果を得る事ができます。

さっそくまいりましょう。

覚えておいて下さい

シナジーの本質は”違い”を尊重することにある
シナジーの本質は”違い”を尊重することにある

シナジーとは、個別のものを合わせて個々の和より大きな成果を得ることを指します。

つまり、1+1は2になったのではシナジーが発揮されたとはいえません。

(これはビジネスでも同じ。
月に100万稼いでいる人と50万稼いでいる人がビジネスを一緒にやって150万稼げるようになったのでは、シナジー効果が発揮されたとは言えません。)

シナジーは今まで存在しなかった新たな価値を創りだす力です。

シナジーの本質は”違い”を尊重する事にありますが、多くの人は自分と違う人のことを嫌います。

年齢や職業が違うだけでコミュニケーションを諦める。
異性や同僚とうまくいかないと相手のせいにする。
育ちや文化、あげだすときりがありません。

これらは居心地が悪いからです。
自分の意見や考え方が否定されると自分の生き方を否定されたように感じ、不快な気分になります。

しかし、そもそも人は違う経験をし、違う人生を生きているのですから、考え方や見方は違っていて当たり前です。
あなたと違いのない人などこの世に存在しません。

人との違いを率直に認め、むしろ自分の弱みを見せるくらいのほうが人とのコミュニケーションはうまくいきます。

7つの習慣では自分の考え方や能力の限界を認め、相手の長所から学ぶ事が大事だと明言しています。

ここで1つ質問です。
あなたは「妥協」というものを日常的に行っていませんか?

人との違いを認められない人がとりがちな行動がこの「妥協」です。

(私は以前、妥協の固まりでした。)

妥協とは個別のものを合わせて個々の和より小さな成果を得ることを指します。

妥協はお互いが「まぁ、いいか」という気持ちで何かをするようなイメージです。
妥協では1+1は2が最大であり、通常はそれよりはるかに小さい結果になります。

シナジーの成果は妥協の成果よりもはるかに大きくなります。

繰り返しになりますが、シナジーは互いの能力を存分に発揮することで、今まで無かった新たな価値が生まれることを指します。

7つの習慣ではこれを「第3の案」と表現しています。

そして、人と人が繋がるときお互いに納得できる「第3の案」は必ずあると明言しています。

妥協を捨て、シナジーを生み出せる人間にシフトしていきましょう。

次回は、シナジーとコミュニケーションの関係、そしてこの第3の案を生み出すにはどうすればいいのかについて解説して行きます。

楽しみにしていて下さい。

本日も最後までご覧になって頂きまして、ありがとうございました。

またお会いしましょう。

7つの習慣 聞く力の鍛え方 Chapter5-2

こんばんわ。
エンドです。

この動画では7つの習慣の第5週間で重要とされている「聞く力」の鍛え方について具体的に解説していこうと思います。

聞く力を最高レベルまで高める事で、家族・友人・恋人・上司・同僚・後輩あらゆる人との
信頼関係の構築に一切困る事がなくなります。

そして、聞く力から得られる「共感による傾聴」を使いこなせば、確実に成功者への道を歩む事が出来るようになります。

この力は人である以上、全ての物事に対して生きる力です。
あなたのこれからの行動によって自分の手でつかみ取って下さい。

ではさっそくまいりましょう。

マインドセットです。

「自分の場合」に当てはめて聞く事をやめる
「自分の場合」に当てはめて聞く事をやめる

人は他人のことを考える上でよく「自分がやられて嫌な事を人にはしない」と言います。
これが出来ている人は、世の中的には素晴らしい人だとされています。

もちろん、実際これができている人の人間関係は良好なものになっているでしょう。

しかし、7つの習慣ではこの考えをあえて否定し、自叙伝的反応から「心から理解しようという聞き方」にシフトすることを推奨している。

自叙伝的とは人の話を自分の経験で解釈したり、評価しようとする聞き方のことです。

自分の人生の物語を参照しながら、人の話を聞いてしまう態度の事です。

この聞き方は以前の私そのものでした。そして私はそれが正しいと思っていました。

こういう聞き方をする人は、人が悩みを打ち明けると、つい「私もそうだったから、君もこうしなよ」
と自分かたりをはじめてアドバイスをします。

これだと相談にのってあげたと自分は満足できるが、肝心の相手は「私の今の気持ちをわかちあえた」とは一切感じない。

勘違いされやすいが「共感による傾聴」は単なるテクニックではなく、相手の事を心から理解したいという姿勢が重要となる。
これを素直に実現するためにも、その人の人としての人格を高めておかなければ、すぐに興味ないと思ってみたり、見下したりしてしまうのだ。

それは上辺だけの傾聴もどきになり、相手を傷つけ、人間関係を最悪のものにする。

大切なのは相手の目線で世界をみる。ということ。

具体的に「共感による傾聴」を使いこなすために私から手順を伝授します。

あなたが良い人間関係を築きたいという方に使ってみて下さい。

Step1 相手の話を注意して聞く。
Step2 相手の会話を自分の言葉でおきかえて、繰り返す。
Step3 「つらいね」「楽しいね」など相手の感情を自分の言葉で置き換えて相づちを打つ。
Step4 Step2と3を繰り返す。

こうすることで、相手は「自分が理解してもらえているんだ」と感じ、心を開き信頼が生まれます。

この聞く力は非常に強力な力になります。
しかし、これは相手を理解したいという誠意があってこそ意味のある事です。

誠意は第1週間の人格から生まれます。

人格を高めつつ、この聞く力を自分のものにしていきましょう。

最後までご覧になって頂きまして、ありがとうございました。

またお会いしましょう。

7つの習慣 まず理解に徹し、そして理解される Chapter5-1

こんばんわ。
エンドです。

この動画では7つの習慣 第5の習慣、「まず理解に徹し、そして理解される」をお伝えします。

この習慣では、あなたの「聴く力」を身につけて頂きます。

人が人とコミュニケーションをする基本動作として、読む・書く・話す・聴くがありますが
7つの習慣で最も重要なものは間違いなく「聴く力」だと明言します。

聴く力を軽視している人が非常に多いのが現状です。
人を楽しませたり、人を笑わせたり、人とうまく会話するために
「話す技術」を高めたり、
会社の仕事でお客様にわかりやすい資料を書くために「書く技術」を学んだり
する人は多いのにたいして、「聴く力」を意識的に鍛えている人は多くはありません。

人は絶対に自分のことを理解してもらいたいという気持ちをもっています。
しかし、その気持ちが先走って、相手の事を理解しようという姿勢がかけている人が多いです。

これが続くと、「わかってくれないから相手が悪い」と間違った方向に思考が働きます。

自分を理解してもらうには、まず相手を深く理解すること絶対条件なのです。

7つの習慣では聴く力を5段階にレベル分けしている。

Lv0 無視をする
Lv1 聞いたふりをする
Lv2 選択的に聞く
選択的に聞くとは、相手の会話に対して自分の目線で解釈し、評価する事を指します。
Lv3 注意して聞く
注意して聞くとは、相手が問題と考える事は何かを理解しようと勤めることを指します。
Lv4 感情移入して聞く
感情移入して聞くとは、相手の目線で、相手が世界をどう見ているのかを感情移入によって理解することを指します。

あなたの聞く力は何レベルに属するだろうか。

成功者は聞くスキルについて、
間違いなくLv4を使いこなすことができます。

第4の習慣でも説明したWin-Winの関係をつくる上では、このLv4の「共感による傾聴」という最高レベルのスキルが必要になってくる。

「共感による傾聴」は相手の目線で話を聞き、心の底から誠意をもって相手を理解しようとすることから始まります。
相手が「何を言ったか」ではなく「どう感じたか」に耳を傾けます。

共感による傾聴は、時間がかかりますし、難しいです。
しかし、心の声を聴くために使った時間は、やがてあなたとその人との間に信頼という何物にも代えられない価値をもたらします。

この聞く力のレベルを向上させることは、仕事もプライベートも本当の意味で成功させるため必ず必要となります。

今日から人と話すときは、「話したい」という欲望を自制してみてはいかがでしょうか。

今日の私からあなたにする提案は1つだけです。

あなたが次に人と会話するときに、「話すよりも聞く」ということを少し意識して会話してみて下さい。

意識し、習慣づける事で大きな成果を手にする事が出来ますので、めんどくさいと思わずに
自分をコントロールできる人になっていきましょう。

最後までご覧になって頂きまして、ありがとうございました。