就職活動生に受験料

228

おはようございます。

サラリーマンのエンドです。

 

この記事では、就職活動生に受験料が発生するニュースの真意について知ることができます。

真意を知ったあなたは、就職活動生であればまさに人を雇う側のリアルな状況を知ることができ、この知識は面接でも大きなアドバンテージを得ることが可能になります。

 

 

2013年、ニコニコ動画で有名なドワンゴが就職活動生に対して受験料2525円(ニコニコ)を徴収することを発表しました。

 

このニュースを見てあなたはどう思いましたか?

 

 

またビジネスか・・・。

 

 

 

と思われたかもしれません。

そうです。これはビジネスです。

 

しかし、代表取締役さんの発言を見ると、徴収したお金は全て寄付するため営利目的ではないと言っています。

これは事実です。

 

 

しかし、この受験料を就職活動生から徴収することで、大きな利益がドワンゴ側に発生します。

そして、この提案は就職活動生にとっても実は良いことなのです。

 

ドワンゴ側のメリットは、受験料を取ることで本来ドワンゴに興味のない就職活動生を

大きく足切りすることができ、書類審査や面接にかかる人件費を大幅に削減することができます。

 

エントリーシートを1000個も2000個も見る手間が省けるのは、企業側にとっては非常に助かります。

 

 

昨今では、就職氷河期と言われ1人で100社~200社エントリーするのが当たり前といった異常な状態になっています。

これは受験する側も、興味のあるやりたい仕事はいくつかあるものの、そのほとんどは競争率が少なそうとか安定していそうだとか、保険的な位置づけでエントリーしているのが実態です。

 

これは双方にとって嬉しくない状態です。

 

エントリーシートや面接で落ちている人も、企業側は自分の企業に来たいと言ってくれる社員は基本的に取りたいんです。

この前提は勘違いしないように心がけてください。

 

とはいっても、落ちるとへこみますし、人の感情とはそんなに簡単にコントロールできないとは思います。

 

そして、就職活動生側のメリットは、企業の審査がより信頼性のあるものになります。

 

1日100枚エントリーシート見なければならない人と、1日10枚エントリーシートを見なければならない人。

 

どちらが、しっかりあなたの書いたエントリーシートを見てくれると思いますか?

 

 

間違いなく後者ですよね。

 

同じく1日100人の面接をしなければならない人と、1日10人の面接をしなければならない人。

 

これも同様、後者のほうがあなたという人間を詳細に見てくれるようになります。

 

 

人は、処理しなければならない仕事の数が多ければ多いほど、丁寧さは失われます。

丁寧さが失われた結果、今就職活動の現場でおきているようなインパクトがなければ落選するという状態になります。

 

 

まとめます。

 

就職活動生に受験料が発生することは、

 

企業側にとって、人件費を削減する大きなメリットがあります。

デメリットとしては、人気のない企業であれば、就職活動生が誰一人来てくれない可能性があります。

 

就職活動生にとっては、あなたという人間を時間をかけてしっかり見ていただけるというメリットがあります。

デメリットとしては、やはりお金が発生してしまうというところです。

 

賛否両論ある議題だとは思います。

私は今の就職氷河期で面接通過率90%で最大手企業に入社しましたが、この試作には賛成派です。

 

要は通る人は通ります。

それは他人とは違う努力をしているからです。

 

ですが、そうやって極限まで高めた努力も、きちんと見られなければ落ちる確率はあります。

 

 

企業側はもっと就職活動生をきちんと見る義務があると思っています。

そして、就職活動生も、本当に努めたい企業のみに絞って、登録するのが本来あるべき姿だと思います。

 

 

とはいえ、お互い企業の行き先、就職活動生の人生を大きく左右するイベントですので、

ライヤーゲームのようにそんな簡単にはまとまらないのが現実かと思います。

 

就職活動生は、この記事で書いた内容を面接官に向かって言うと、

おそらく面接はクリアします。

 

正解がない議論だからこそ、互いの立場を理解しあった、意見をいえるようになるとあなたの価値は大きく上がります。

 

 

是非、せっかくみて頂けたなら参考にしてみてくださいね。

 

 

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

 

サラリーマンエンド

朝の習慣を整えるだけで年収が倍になる

IMG_2674

おはようございます。

サラリーマンのエンドです。

 

最近、いっきに寒くなりましたね。

朝起きて布団から出るのがつらい・・・。

 

朝食

 

目が覚めましたか?

 

努力できる皆さんはそんなこと言っていてはダメですよ。

読者の皆さんに朗報があります。

 

僕が今学ばせて頂いている、メンターからの朗報です。

 

 

朝早起きして、朝の効率をあげるだけで年収が倍になります。

 

 

・・・。

どうかしてる・・・。と思ったかた、ウェルカムです。

 

僕も最初は思いましたが、騙されたと思ってやっているうちに

これは年収倍になるということも頷けました。

 

 

やることは非常に単純です。

 

・朝6時に起きる。

・起きたら下磨きと歯磨きをする。鼻うがいをする。

・200mlほどのミネラルウォーターを飲む。

・朝の筋肉トレーニングを実施する。(心臓がバクバクになるくらい)

 

たったこれだけです。

たったこれだけの事を習慣にするだけで、年収が倍になります。

 

中身を聞いても納得できないかと思います。

これはやったものにしかわかりません。

 

 

僕は上記を実践することで、朝から圧倒的な集中力を保つことができます。

 

これまでの僕は時間ある限り、ビジネスに没頭していました。

正直それは、ほかの時間を犠牲にしていたかと思います。

 

そのくせ、時間があると人は逆にダラダラ集中力が高くない状態で仕事をしてしまいます。

 

 

サラリーマンを極めた僕は業務中はものすごい集中力で仕事をして、定時でサクッと切り上げるのですが、ビジネスはやればやるだけ成果になるため、時間コントロールが難しくなります。

 

しかし、この朝の習慣を取り入れたところ、1日にやるべき仕事がかなり効率よく進めれることに気がつきました。

 

朝6時に起きることが推奨なのですが、僕は全てをこの洗練された集中力を保てる朝で仕事を片付けるため、最近では毎朝4時30分に起きて仕事をしています。

 

かなり厳しく聞こえるかもしれませんが、これをするだけでサラリーマンの仕事が終わった後は嫁とのんびりとした時間を毎日過ごしています。

 

業務後の集中力が途切れた時間に仕事をするのとでは、仕事にかける時間が2分の1くらいになっています。

 

もちろん収入は以前をキープできていますが、仕事にかける時間が2分の1になりました。

 

 

これは年収がほぼ倍になることを意味しますね。

 

 

特にビジネスをやっていない方でも、朝の洗練された時間を自分で作って何かをするだけで、大きな成果につながります。

 

サラリーマンの仕事においても、朝を整え集中力を身につけるだけで、圧倒的に仕事のできる自分になることもできます。

 

 

 

これは朝の習慣を変えるだけでできることですので、是非実践してみてください。

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

サラリーマン エンド

 

 

 

これまで僕はビジネス

 

 

好きか嫌いかは成功とは無関係

おはようございます。

サラリーマンエンドです。

 

 

久々のブログ更新になります。

 

 

ここ1ヵ月の間、ひたすらビジネスの勉強をしていました。

 

早稲田大学で経済学を学んでいる人と経済学についてディスカッションしたり、

アメリカの大学で講師を務めていた経済学の先生をお話をしたり、

既にネットビジネスで成功している方と今後について話した、

YOUTUBEアカデミーというYOUTUBEを使ったビジネスが学べるアカデミーに入学したり・・・。

 

 

 

ここ1ヵ月ブログの更新がなくて申し訳ありませんでした。

 

 

しかし、かなりの実力をインプットできたと思ってます。

新しく生まれ変わったエンドをお楽しみにしていてください。

 

 

 

その過程で、再認識できたことをシェアします。

 

 

それは好きか嫌いかは成功とは無関係。

なのですが・・・。重要なんです。

 

 

というお話。

 

 

 

意外かもしれませんね。

これまでの僕は「おもしろいことをやろう」と言っていました。

 

「おもしろいことをやって、それが世の中の価値になるなら勝手にお金は入ってくる。」

 

 

これが僕のルールでした。

これは今も変わりありません。

 

しかし、この『おもしろいこと』というのは

それ以前に大前提があるんです。

 

 

こういう問題があります。

 

 

あなたは選ぶことができます。

 

『あなたの最も楽しいと思えることを活かせるが、収益性が低いビジネスモデル』

 

『あなたが一切興味のないことをやらなければならないあ、収益性の高いビジネスモデル』

 

 

どちらを選びますか?

 

 

 

 

というものです。

これを選ぶ上で重要なのは『目的』です。

 

ただただ、楽しみたいというのであれば、前者ですよね。

しかし、お金を稼ぎたいというのであれば、後者になります。

 

 

・・・。

 

でも、この質問はちょっとずるいんですよ。

 

 

実はこの質問は2択で聞かれるのですが、

どちらも不正解なんです。

 

どちらをやっても成功しません。

 

「ふざけるな!」

 

 

と思うかもしれませんが、僕はこの問題に2年前ひっかかりました。

 

 

好きか嫌いか、興味があるか、興味がないかなんてのは

成功する上ではどうでもいいんです。

 

 

最も重要な要素は、

『世の中に求められているかどうか』ということ。

 

 

世の中に求められていることなのであれば、どうやっても収益化ができます。

 

逆に、世の中に求められていない、ただの自己満足になってしまうような

ことなら、どうやっても収益化はできません。

 

 

世の中に求められている上で好きかどうかが重要になります。

 

 

もしビジネスをやられている方で、結果がでいない方がいれば、

あなたのやっていることは、世の中に求められていますか?

 

そこに迷いなくYESと答えられない方は、

今すぐ今やっているビジネスを中断して、

もう一度自分のやっていることについて考えてください。

 

 

 

それが成功への一番の近道です。

 

 

 

ビジネスのやり方がわからないけど、一歩を踏み出したい方は

是非僕のメールレターに登録してみて下さいね。

 

 

 

成功に必要な3つの要素について、今度語りたいと思います。

 

 

今日もおもしろい一日をお過ごしください。

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

エンド

 

『時間』で大切なことは無駄を省くこと

こんばんわ。

サラリーマンエンドです。

 

お久しぶりです。

先週は九州に出向いておりました。

出向いた先で、イカをごちそうになってきたのでその様子。

 

→ http://www.youtube.com/watch?v=NYjk6E7ZEqw

 

 

ものすごーく美味しかったですよ!

九州はイカとラーメンですね。

 

 

さてさて、今日は時間のお話。

 

普段勤務先まで僕は自転車で10分の位置に

住んでいるので電車に乗ることがないのですが・・・。

 

 

九州ではホテル住まいで、勤務先まで電車に乗る必要があります・・・。

 

 

電車は痴漢冤罪の危険性があるため、乗りたくないのですが・・・。

この話は長くなるので、おいておきます。笑

 

 

まぁ、久々に電車に乗りました。

電車にのる時間は、僕は決まって本を読みます。

 

何もしていない時間はオフのときだけで十分です。

 

というよりは人は意識しないと常に楽な選択をしようとするので、

僕はオンのとき、ストイックにいきます。

 

 

時間はどんな成功者にも、一般人にも

平等に与えられる限られた資源です。

 

 

この時間をどう使うかで全てが決まるといっても

過言ではありません。

 

 

朝食の際、電車の往復、飛行機の移動中。

 

 

これを全て使うだけで、僕はこの1週間で本を3冊読みました。

 

 

読んだ本はこちら。

 

 

元日本スタバのCEOが書いた「ミッション」という本。

YOUTUBEで稼ぐ本。

メンタリストDAIGOのビジネス書籍。

 

 

どれも中々面白かったですね。

また、濃いインプットをしてしまいました。

 

 

しかし、これらの時間を寝て過ごすと、

こういったインプットは得られないわけです。

 

 

時間があるなら、僕はとにかく本を読みます。

動画を見るでもいいでしょう。

 

 

時間の使い方で最も重要なことは、

「無駄を省く」という概念。

 

 

 

ダラダラしている時間なんて不要です。

ダラダラしても体力は回復しませんからね。

 

まずはなにもしていない時間をなくす。

 

 

ここに集中していくことが重要。

 

 

本当に時間というのは深いですよ・・・。

 

 

朝の1時間勉強する時間を取っただけで、

収入が倍増したなんて話もあります。

 

これはマジの話です。

 

 

こういった実例も含めて今度お話ししますね。

 

 

さて、このメールを読み終わった後、

皆さんは何をしますかね?

 

価値ある時間を過ごしましょう。

 

 

サラリーマンエンド

将来のことを真剣に考えているから・・・

こんばんは。
サラリーマンエンドです。

最近、嫁と考え方の違いにおもしろさを感じました。

僕の嫁さんは、派遣の事務さんです。

平凡な人です。

まぁ、僕はそこにひかれたのですが。笑

そんな彼女と僕が最近、マジメに話し合ったのは
家賃について。

家賃に払うお金1つとっても、
全然考え方が違います。

これは、ビジネスをしている人と、
そうでない人の違いといえると思います。

どういう話かというと。

僕は家賃40万円程度の
東京のタワーマンションに住んでいます。

しかし、彼女からすると家賃に40万も払っている事が
理解できないとのこと。

月に40万も払えば1億を超える
豪邸を買うことも可能です。

僕も元々、普通の人なので、
共感はできます。

しかし、今の僕と彼女の考え方の違いを
実感した決定的な一言があります。

嫁「本気で将来を考えるから、賃貸に払うお金を抑えてお金を貯めよう。」

この一言で、僕と彼女は根本から考え方が
違うことに気付きました。

僕も、将来のことを本気で考えています。

僕に限らず、事業をやっている人というのは
常人より圧倒的に将来については真剣に考えています。

僕は、将来のことを本気で考えているからこそ、
家賃に払うお金を抑えないんです。

家賃に払うお金すら、僕を奮い立たせる
『投資』なんですよ。

普通のサラリーマンの給料では、家賃40万なんて額は
到底払えませんよね。

でも、僕は払うんです。

払っちゃったら、
生きるために稼ぐしかなくなりますよね。

稼ぐしかないという状況に自分を追い込み、
自分自身を奮い立たせる。

それが結果的に、プラスになることを確信しているからです。

僕はエリートサラリーマンと言っているだけあって、
自分自身に確信があります。

この確信は周囲の人達のたくさんの声が支えとなって、
得たものでもありますし、何より他人より努力している自信からくるものでもあります。

結果、家賃40万払っていても、
サラリーマンでコツコツお金を貯めている人と比べて
多くの貯金があります。

僕は自分でそういう環境をつくっています。

別に、1か月の貯金額を切り上げて、
使えるお金をほとんど0にして、自分を奮い立たせる。

こういうことができる人なら、それもいいかと思います。

ただ、僕は自分をそういうものでは
コントロールできませんでした。

それだけの話なんです。

しかし、おもしろくないですか?

将来のことを本気で考えているから、貯金する人。

将来のことを本気で考えているから、自分に投資する人。

どちらも正しいと言えます。

皆さんはどっち派ですかね?

どちらが正解とは明言しません。

しかし、成功者には後者が圧倒的に多いという事実はお伝えします。

読者の方々は向上心が強い方だと思います。

可能であればできる範囲で自分に投資していきましょう。

自己投資の仕方がわからないという方は、
僕のメールレターでも、お伝えしております。

興味あれば登録してみてくださいね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

サラリーマンエンド