おもしろい仕事をしよう。

こんばんわ。

サラリーマンエンドです。

 

 

最悪に暑いですね・・・。

いや、熱いのかな・・・。

 

私事ですが、実はサラリーマン業が

クライマックスを迎えております。

 

僕たちは明日の作業のために、ここ半年間

トライアンドエラーを繰り返し、作業の品質をあげてきました。

 

 

明日、半年間の成果が試されます。

今日は職場の関係者の前でトークしてきました。

 

 

70人の前で、結構熱いトークを。

 

明日、勝負の日です。

 

 

 

私事でした。笑

 

 

しかし、おもしろい仕事です。

 

 

 

100人近くの関係者を巻き込んで、

案件にして400億を超えるビジネスです。

 

 

個人事業で年商5000万達成するのも

中々すごい事だと思いますが、

やっぱり組織とはこういうことができる環境。

 

 

人数が集まるからこそ、

大きな仕事ができる。

 

 

これが組織で働くという事の醍醐味と言えますね。

 

 

ネットビジネスで有名な方々も400億を超えるビジネスを

しているでしょうか。

 

まずしていないはず。

 

 

自分の収入は、半端ないですが、

その分規模の小さい事しかできません。

 

 

僕は欲張りなので両方取ります。笑

 

 

それがサラリーマンと個人事業主の

2刀流という仕事のスタイル。

 

 

 

仕事がおもしろいですか?

 

と聞かれると、『はい』と

コンマ5秒もあけずに答えることができます。

 

 

しかし、1年前はそうではありませんでした。

 

 

 

『仕事がおもしろい?』

 

という言葉に違和感を感じていたから。

 

 

おもしろいとは違ったんですよね。

 

 

 

上司に褒められたり、

勉強して知識をつけたり。

 

 

これはやりがいでもありましたし、

充実はしていました。

 

 

けど、おもしろいかと言われると別。

 

 

 

今はおもしろいといえます。

 

 

なぜなら、僕が主人公だからです。

 

自分のビジネス、もっというと人生。

 

 

自分自身が主人公であると実感できているから、

おもしろいわけです。

 

 

 

他人のRPGゲームを見ることほど

つまらないことはありませんよね。

 

 

自分の人生の主人公になりましょう。

 

それだけで、何をやってもおもしろくなります。

 

 

他人事ではなく自分事。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

サラリーマンエンド。

「ノマド」という単語を聞いて

こんにちわ。

サラリーマンエンドです。

 

今日は、最近稀に聞くようになってきた、

『ノマド』という単語について。

 

 

「ノマド」という言葉をご存知でしょうか?

本田直之さんや、安藤美冬さんなどで

最近一躍メディアを賑わせてる流行語です。

元々は英語で遊牧民という意味を持ち

特定のオフィスなどを持たない働き方を

する人や働き方を「ノマド」と言います。

 

 

 

僕は、サラリーマンであり、

固定の職場があります。

 

つまり、僕は全くノマドではないわけです。笑

 

 

 

さてさて、皆さんは「ノマド」になりたいですか?

 

 

 

こういう質問をするとだいたい、60%の人は、

ノマドワーカーになりたい。

 

 

と答えます。

 

 

一般的なノマドワーカーというのは、

スタバやホテルなど電源のある場所で、

パソコンを使ってビジネスをしている人達のことです。

 

 

 

オシャレなカフェで

パソコンをカタカタしている。

 

 

 

そういうスタイルに魅力を感じる人達。

 

 

僕もそこに魅力を感じます。

 

 

 

 

しかし、案外やってみると、

そこまで気分の良いものでもないというのが、

やってみた僕の感想です。

 

 

 

やってみたって仕事はどうしたんだよ。w

 

 

と思われるかもしれませんね。w

 

 

私の会社は福利厚生が完璧なので、

2ヵ月くらいの長期休みを取ってみたことがあるのです。

 

 

収入も倍増しましたが、

僕はオシャレなオフィスで仕事するほうが、好きですね。

 

 

当然、休日はオシャレなカフェでくつろいでますが。

 

 

やったことないから、ノマドに憧れる。

 

 

 

しかし、ノマドしかやったことない人からすると、

大きなオフィスに勤めている人が魅力的に見えるらしいです。

 

 

 

何を言いたいかというとですね。

 

 

 

オシャレなカフェで仕事がしたいから、

ノマドをやりたいなんていうのは、違うという事です。

 

 

 

ノマドの本質は、いろいろなところに行ける分、

固定の場所で働く人よりも、現場にいけます。

 

 

いろいろな現場のリアルで新鮮な情報を、

世の中の人に提供する。

 

 

これがノマドワーカーの本質です。

 

僕の知人の知人ですが、

日本TOPのノマドワーカーは各国で得た

様々な知識を日本に提供しています。

 

 

 

僕たちがやっているある意味、ネットビジネスも、そうやって

日本に入ってきたものと言えるでしょう。

 

 

こういう人たちがいるから、僕の人生は豊かになりました。

 

皆さんも、いろいろなビジネスに挑戦できるのは、

こういう人たちが価値を日本に持って帰ってきたからと言えます。

 

 

 

自分でビジネスを考えつくような天才であれば、

既にサラリーマンではないですからね。

 

 

そういう価値を届ける仕事。それがノマドの本質。

 

一番の近道がネットビジネスです。

やってみて下さい。ネットビジネスを。

 

僕も強力なサポートできるかと思います。

 

 

何をやればいいかわからない方は、いつでもメールお待ちしております。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

サラリーマンエンド。

ネットビジネスの常識を打ち破ることなんて不可能です。

こんばんわ。

サラリーマンエンドです。

 

 

ちょっと、今日は気になった記事を見つけました。

それは、こちら。

 

→ http://123direct.info/tracking/af/743286/f0TOlm07/

 

 

ネットビジネスの常識を打ち破る!

 

 

と表現しているのです。

 

 

 

 

僕はこの言葉を聞いて、

『不可能』だと確信しています。

 

 

 

なぜなら、ネットビジネスのスゴサは、

結局のところ他のビジネスをやらないとわからないからです。

 

→ http://123direct.info/tracking/af/743286/f0TOlm07/

 

 

だって、コツさえわかってしまえば、

こんな簡単に儲かるビジネスは他にありません。

 

 

あ、でも今メールを書いてて、

気付いたのですが・・・。

 

 

 

ネットビジネスの常識を打ち破る。

 

 

これってやっぱり可能ですね。

 

 

 

『常識』とは、正しさではなく、

多数派。

 

 

つまり、ネットビジネスにおける多数派というのは、

稼げていない人たちの事を指します。

 

 

・・・・。

 

 

つまり、ネットビジネス=稼げないという常識を

打ち破ると言っているわけですね。

 

 

 

これなら、理解しました。

 

 

可能です。笑

 

 

すいません、過激な表現に勘違いしてしまいました。

 

→ http://123direct.info/tracking/af/743286/f0TOlm07/

 

僕も今から見る事にします。

 

皆さんもテレビ見ている時間があれば、

こういう動画を見る事をオススメします。

 

 

圧倒的に有意義な時間を過ごすことができるかつ、

見終わった後、充実感。

 

 

 

見なくてもわかりますが、

このビジネスがいかに革新的か。

 

 

それを感じてください。

 

お得な情報をシェアしました。

 

 

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

 

 

サラリーマンエンド。

自力のある人、自力のない人

こんばんわ。

サラリーマンエンドです。

 

 

人は経験してきたことの濃さで、

自力がつきます。

 

濃ければ濃いほど、自力は強くなります。

 

 

同じ職場で同じ年月を過ごしてきても、

その濃さでとてつもない差がつきます。

 

 

自力がつくと、

なんでも自分でできるようになってしまいます。

 

 

僕が表現している自力とは

知らないことも、調べて知って、実行できる力。

 

 

これを身に着けると、

少なくともサラリーマン業界ではくいっぱぐれません。

 

 

 

僕はシステムエンジニアですが、正直他の職業をしても、

完璧に立ち振る舞う自信があります。

 

 

実際、コンサル業も、アパレル業も、デザイン業も。

 

 

 

全て、一定の成功を実現しています。

 

 

 

しかし、最初から知っているのかというと、

全くそんなことはありません。

 

 

デザイン業なんていうのは、確実に独学。

 

 

興味があっただけで、知識は0でした。

 

 

 

しかし、僕はデザイン業をはじめるにあたって、

何を抑えるべきかを考える事ができます。

 

 

自力の第一歩は考える事。

 

 

当然ですよね。

 

 

しかし、大事なことです。

 

 

 

知識を得るときにどこから得るべきか。

 

どんな知識を得るべきか。

 

知識のただっしさをどのように確認するのか。

 

実行してみたときの結果はどうなるか。

 

なぜこのような結果になったのか。

 

どうすれば、改善されるのか。

 

・・・

 

 

 

 

こういうローテーションを成功するまで繰り返します。

 

 

そうすると、どんな問題点にも、

どういうことをすれば効果的かが自然と見えてきます。

 

 

これは、全てのフィールドにいえることです。

 

 

知らない分野でも、自然と何が問題なのか見えてきます。

 

 

 

そうすると、自分で情報を得る事もできるし、

実行することもできるし、

問題が何なのかも理解できる。

 

 

 

こういう自力をつけてしまえば、

もはや勝ったも同然です。

 

 

 

極論何をやっても成功します。

 

 

失敗してしまう要因をつぶせるわけですからね。

 

 

 

こういった自力は、

サラリーマン業からでも身につける事が出来ます。

 

 

 

僕はシステムエンジニアですが、

少なくともほとんどの仕事はできます。

 

 

正直、今の立ち位置はリーダーでありながら、

なんでも屋みたいになってます。

 

 

そして、自分が引き受ける仕事も、

自分で制御しているので、仕事を持ちすぎるなんてこともありません。

 

 

自力があれば、この辺もコントロールできるようになります。

 

 

この自力について、パソコンにおける自力をつけるのに

良い教材を見つけたのでご紹介しますね。

 

→ https://www.viral-manager.com/aff/54106/1414/

 

 

あ、無料ですよ。

いつもの、無料情報です。

 

 

かなり品質の高い内容になってます。

 

是非、見てみてパソコンにおける自力についてみてみて下さい。

 

 

ちなみに、僕はパソコンのプロなので、

質問があればなんでも受付けます。

 

お気軽に聞いてくださいね。

 

 

サラリーマンエンド。

楽天トラベル1位の実力

こんばんわ。

サラリーマンエンドです。

 

 

先日、3連休を取って、軽井沢のほうで

息抜きをしてきました。

 

 

いやぁ、涼しかったです。

東京が地獄のようです。w

 

日差しが照っていると流石に暑いですが、

森の中に入るとヒンヤリでしたね。

 

 

宿泊先は軽井沢で楽天トラベル1位を取ったペンション

『白い雲 青い空』というところ。

 

 

もう一言で、脱帽です。

これが楽天トラベル1位になるべくしてなった宿だと思います。

 

 

まず、最寄りの駅につくと、待たされることなく

宿の主人が車で迎えにきてくれます。

 

もう『良い人』というオーラがにじみ出ている主人でした。

 

 

しかし・・・。

宿の主人の人柄が良いというのは、

ペンションではよく聞く話ですよね。

 

 

なので、ここまでは全然魅力がわかりませんでした。

 

 

宿につくなり、人なつっこい犬がお出迎え。

 

・・・でも犬がいるからといって、1位になる要素は・・・。

 

 

木でできたペンションは心地よいものでした。

ペンションに入ると、やさしい雰囲気が広がっていました。

 

 

・・・でも、ペンションってだいたいこういうのだよなぁ・・・。

 

 

あ、なんでもかんでも否定的に見てるんじゃないですよ。w

 

旅行しているときは、最高の気分です。

 

 

 

しかし、まだこの段階では、なぜこの宿が1位なのか

がわかりませんでした。

 

 

分かったのは夕方の食事です。

 

 

主人の奥さんの手料理がたくさん

出されました。

 

 

どれもこれも、やさしい味で、

体が喜んでいるのを感じれる内容。

 

 

その後です。

 

 

主人が軽井沢の魅力を写真をみせながら、

ペンションに宿泊している全員のテーブルで

プレゼンテーションしはじめました。

 

 

主人の人柄もあり、迷惑と感じている人は一切おらず、

みんなが軽井沢の気になる情報を得ているのがわかりました。

 

 

 

食事の後、僕達は軽井沢でいく予定の場所について

尋ねると、信じられないぐらい細かい情報を頂けました。

 

 

エンド『白糸の滝に行きたいのですが・・・。』

 

こう一言尋ねただけで、

 

ガイドブックでは、バスで行けると書いているが、

実際は1日に1本程度しか白糸の滝行きは出ていないこと。

 

 

徒歩で行こうとしても、

白糸の滝につながる道は、特別料金が取られるらしく、

徒歩でいくことを許可してくれないこと。

 

 

また、白糸の滝のあらゆる角度からの写真をファイリングした

自作のファイル見せ、白糸の滝が難しかったらここにいけばいいよ。

 

と代替案を山のように提示してくれる。

 

 

 

 

軽井沢のプロですね。

 

 

かなり細かく、情報を得ることができたため、

3日間、ほとんど時間をロスすることなく軽井沢を満喫できました。

 

 

満足度で満点がつく理由はここにありです。

 

楽天トラベル1位の要因。

 

 

それは、主人の人柄。

奥さんの料理のおいしさ。

 

そして、軽井沢を100%満喫させてくれるだけの、

圧倒的な鮮度と量を兼ね備えた情報。

 

 

こう表現できると思います。

 

 

 

こういう抜きに出た価値を提供できる人達が、

結局のところ、結果を出せます。

 

これはビジネスでも全く同じ。

 

ペンション経営自体ビジネスですから、当然といえば当然ですね。

 

 

 

他とは違う何かをできるかどうか。

 

軽井沢のあらゆる観光地の写真を細かく取るというのは、

手間をかければ誰でもできるわけです。

 

 

でも、それを愚直にやった主人は、

現に楽天トラベル1位の宿という偉業を成し遂げてます。

 

 

自分のビジネスでも、こういうことができるかどうかで、

桁外れの結果が出せるということを心に刻みましょう。

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

サラリーマンエンド