億万長者よりあなたが優っているもの

s_089

 

ちょっとくさいですが、

幸せについて真剣に考えたことがあるでしょうか。

 

僕は最近思います。

お金があるだけで幸せになれるほど人は単純ではないと。

 

 

お金がほしいと思うのは、

お金がないからです。

 

時間がほしいと思うのは、

時間がないからです。

 

僕はブランドものが好きで、

LouisVuittonやHERMESの

財布やカバン、アクセサリーをつけています。

 

 

しかし、これは普通のサラリーマンだった頃

買えるけど今の給与にしては高い・・・。

 

買えるけど、買えない・・・。

 

 

というような状況だからこそ、

一種のあこがれをもっていました。

 

 

しかし、ビジネスで成功してから、

十分買える財力を手に入れてしまうと、

全く買いたいという欲求がなくなりました。

 

 

本当に不思議なものです。

 

 

時間についても同じです。

 

月から金曜日まで働いているから、

土日の休みが幸せなんですよ。

 

 

学生の頃の夏休みって半ばに差し掛かると

ダラダラしてるだけで、対して充実感を味わえないことがありますよね。

 

そういう感じ。

 

 

そういった事を全てを手に入れてしまった人

が語っている動画があります。

 

たった2分の動画で感動しました。

この動画を見て下さい。

 

→ http://www.youtube.com/watch?v=XR-a60AB_z0

 

 

僕は何度も言いますが、

島田紳介は嫌いです。笑

 

 

しかし、彼は成功者です。

彼の本音、欲望が丸裸で語られてます。

 

彼はこんな風に語ってます。

 

————————-

成功すると

 

めっちゃ儲るし、
めっちゃいい家住めるし、
好きな車買えるし、
めっちゃいい女抱ける。

 

でも・・・

 

夢が叶っていっている分、夢を失っているんやな。

 

若者に負けているものが1つだけある。

それは『夢』の数やな。

 

だから、若者に全て勝っているなんて思っていない。

10億円で『若さ』や『夢』が買えるなら絶対買うもん。

 

ということは君たち若者は『10億円』を持ってるんやで。

 

 

けど、何もせずこのまま50歳になればなんもなし。

だから、自分のやることに集中して頑張ろう。

 

駄目やったら、全てが終わるんじゃない。

駄目やったら、別のやり方で頑張ろう。

 

夢がいっぱいあるんだから。

————————-

 

 

『夢が叶っている分、夢を失ってる。』

 

 

こんな発言できる人って、世の中に何人いますかね?

 

僕も素直にこんな発言ができる人間になりたい。

本当にそう思います。

 

僕はビジネスで行動をしはじめて、1年ちょっと経ちますが、

夢や欲望を叶えはじめてます。

 

夢に大きいも小さいもありません。

 

僕の叶えたい事なんて無限にあります。

 

すごい小さいものから羅列すると、、、

 

・服の値段を見ずにショッピングしたい。
・毎週末は新幹線で実家に帰りたい。
・移動はタクシー。
・感謝した人に対して、感謝を形で示したい。
・おいしいものを食べたい。
・一流のオシャレなバーやカフェにいきたい。
・自分会社の社長より稼ぎたい。


 

この辺の夢は叶い始めました。

一部夢というよりは、ただの欲望ですね。

 

でも、まだまだ叶えたい夢はたくさんあります。

ここからだと確信をもってます。

 

僕がネットワークビジネスで出会った起業家も

現実が夢を追い越す瞬間がある。

 

という事をおっしゃってます。

 

 

では、彼らが共通して言っている事は何か。

 

それは、

 

『何よりもあれこれ理由をつけて行動しないのが最も愚かである』

 

ということ。

 

 

まだ、全然稼げていない人。

 

日々何をやってるんだろとか

こんな事やりつづけて意味があるんだろうかと思っている人も

自信をもって全力でやって下さい。

 

でないと、人生後悔します。

 

 

誤解を招くといけないので補足しておくと、

サラリーマンとして行動することも十分、行動です。

 

 

それで『夢』が叶うなら。

 

 

全ては行動することからはじまります。

 

 

サラリーマンとして圧倒的な収入を得る行動の仕方は

僕の無料メールレターでもお伝えしております。

 

是非、興味ある方は登録してみてくださいね。

 

→ 2014年最も確実に稼げるビジネスはコチラ

 

 

しかし、この動画は本当に感動してしまいました。

 

1年前の自分が見ていたら、また見え方が変わったんだろうなぁと

思い、ちょっぴり成長した自分にご褒美を買ってあげようと思います。

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

サラリーマン エンド

 

『仕事』と『作業』を見極める

s_308

今日は『仕事』と『作業』についてです。

 

 

 

『仕事』と『作業』は全く違います。

 

 

 

この2つを明確に分ける事で、
より効率的で意味のある行動が可能になります。

 

 

 

これはビジネスにおいても

サラリーマンにおいても同じ。

 

 

では簡単に違いを言うと。

 

 

『仕事』とは
頭で考えて行動する事。

 

 

 

『作業』とは
頭で考えずに行動する事。

 

 

 

 

こう分類できます。

 

 

 

捉え方を変えると、

こう表現することもできます。

 

 

 

 

『仕事』に成長はあるが、『作業』に成長はない。

 

 

 

サラリーマンやビジネスをやっていると、

この境が見えなくなるときがあります。

 

 

 

今日、自分が会社でやったこと。

ビジネス活動したこと。

 

 

これらがどちらに分類されるか考えてみて下さい。

 

 

 

例えば、パソコンを使ってデータ入力を行う。

 

 

 

これは『作業』です。

 

 

しかし、そのデータ入力を自動化したり、

誰でもできるように手順化する。

 

 

これは『仕事』です。

 

 

 

 

そうか!『作業』なんてしちゃだめなんだ!

 

 

 

と思われる方がいるかもしれませんが、そうではないんです。

 

 

重要なのは『捉え方』です。

 

 

 

 

どういうことかというと、

他人なら『作業』としてすることを

自分は『仕事』として行動する。

 

 

 

例えばEXCELにデータを入力する必要がある場合、
これは単純作業です。

 

 

 

何も考えなくてもできます。

 

 

 

しかし、こういう作業があったときに、

 

 

 

 

・どうすれば効率的にできるのかを考える。

 

・プログラムを作成して、全て自動でできるようにする。

 

・自分以外でもできるように手順化する。

 

・他にも同じような作業している人がいるかを調査して、

既に効率的にやれる方法が確立されていないかを確認する。

 

・期限までにやり遂げるには、1日ペース配分を考える。

 

 

・・・

 

 

など、あげだすときりがないですが、

これらは『仕事』になります。

 

 

 

 

頭で考えて『仕事』をすることで

成長につながります。

 

 

 

重要なのは、何をするのかではなく、

そこから何を学ぶか。

 

 

 

 

この例で言うと、データ入力をひたすら

何も考えずに手入力した場合、何の成長もありません。

 

 

 

 

 

しかし、例であげたような、効率的かつ正確にデータ入力するには

どうすればいいかを考えるだけで天と地の差です。

 

 

 

 

 

ここでプログラムで自動化するなら、

勉強することで、それが知識となります。

 

 

ネットビジネスでもこれは同じです。
よく『1日30分で月収100万円』とか『コピぺで月収100万円』

というようなキャッチフレーズは、だいたい『作業』の事を指してます。

 

 

『作業』のノウハウはまとめていますが、

『仕事』の部分をおろそかにすることで、実際は100万円なんて稼げません。

 

 

 

ここの切り分けができているかできていないかで、

圧倒的な差が出ます。

 

 

 

例えば、ブログに対するアクセスをあげるために

毎日記事を書くことをします。

 

 

 

 

しかし、これが『作業』になってしまっている人は要注意です。

 

 

 

私からすると、毎日更新の必要なんてありません。

 

 

記事というのは、ブログを見て頂いた方にどういう価値を提供するのか、

という核となる部分です。

 

 

 

 

これは明らかに頭を使う『仕事』なわけです。

 

 

そして伝えたい事を伝える手段なわけです。

 

ここでもう1つ重要な事。

 

 

 

 

『作業』にさく時間を徹底的に削減することが重要です。

 

これは自動化もしくはツールによる簡略化です。

 

 

 

無料のものもありますし、当然、有料で良質なものもあります。

ただ必ずしも有料のものが無料のものより勝っているということはありません。

 

 

また、経営者視点でいうなら、お金で人を雇うというのも

基本的にはこの概念になります。

 

聞きたい事、メールレター読者の方でなくても、

いつでも以下にて問合せ受け付けます。

 

→ business.livings@gmail.com

 

 

ネットビジネスに限って言うなら、

稼げていないという9割以上の人は

この『作業』に時間をかけている事が原因の可能性が高いです。

 

 

 

 

サラリーマンもビジネスも

『作業』ではなく『仕事』をしましょう。

 

 

 

ここを明確に分け、行動することで、

 

 

ビジネスであれば収益と時間

サラリーマンであれば、評価と時間

 

これらを手に入れる事ができます。

 

 

是非、今日からでも意識してみてください。

 

 

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

サラリーマン エンド

 

 

『環境』を使いこなす必要性

s_275

 

こんばんわ。

サラリーマンエンドです。

 

 

『人は環境の生き物』
なんて言葉があるように、

 

人は環境に非常に影響を受ける生き物です。

 

 

サラリーマンをやっていても感じる瞬間が

無限にありますよね。

 

 

例えば、僕のようなシステムエンジニア業界では、

21時に帰宅できると。

 

 

「今日は早いね」

 

というような言われ方をします。
僕は企業に依存していないので、

こんな事にはなっていないのですが、世間一般のSEはこんな感覚です。

 

 

これは、『残業するのが当たり前』というような環境。

 

 

一方でとある事務職の方とお会いしたときの話。

 

「最近とても忙しくて、もうやってられないわ~」
『そうなんだ、大変だね。何時ごろまで仕事しているの?』
「毎日20時から遅いと21時になるんだよー。」

 

わかりますか?

 

これが『環境』です。

 

 

事実としては

『21時まで仕事をしている』

 

 

残業があるのが当たり前な方からすると

これは『早く帰れた』となります。

 

 

残業が無いのが当たり前な方からすると

これは『帰るのが遅い』となります。

これは『環境』の違いと言えます。

 

 

サラリーマン業界で働いていると、

だいたい皆同じような生活の仕方に収束するのもそのせいです。

 

 

 

サラリーマンという『環境』にいると、

会社に勤めるのが、守られてるとか正しい

というような常識にとらわれます。

 

 

逆に起業家という『環境』にいると、

会社に勤めるのが、不安定とか搾取される事を意味する

というような常識にとらわれます。

 

 

もし、今の生活に不満を抱えているのであれば、

何かを変えるためにはこの『環境』を変えるのが一番だということです。

 

 

よく有名なビジネス書籍なんかには

成功者になりたければ、『環境』を変えなければならない。

と書かれていますよね。

 

 

『環境』を変えるとは、『常識を変える』ということ。
つまり、自分の周囲にいる人間を変えるということです。

 

これを、『友達の総入れ替え』なんて言ったりします。
僕はこの『友達の総入れ替え』という言葉が大嫌いです。笑

 

 

なぜ、大切な友人を総入れ替えしなければならないのか。

 

 

意味が分かりませんでしたが、

最近ようやく意味がわかりました。

 

格言っぽく言われておりますが、

別にこれは言葉にするような事ではありません。

 

 

5年前と3年前と今。

 

付き合っている友人が変わってませんか?

 

 

僕は5年前は大学生の友人と付き合っていました。

 

3年前は、会社の同期と主に付き合っていました。

 

今は、職場の人と仲良かったりします。

 

 

 

つまり、人は友達の総入れ替えとか、

そんなものを意識しなくても、勝手に付き合う友人は入れ替えられていきます。

 

 

ですので、一々明言するようなことではないということです。

 

 

ただ、5年前も3年前も今も

付き合い続けている大切な友人がいるはずです。

 

こういう大切な友人はこれからも大切にしていきましょう。

 

 

こういう存在は、ビジネスで億万長者になろうが、

今のまま過ごそうが、変わらない存在ですので。

 

 

少し話が脱線しましたが、『環境』というのは

ビジネスを成功させる上で非常に重要なものとなります。

 

 

毎日筋トレをするのが当たり前の環境にいれば、

毎日筋トレすることで、ムキムキになるように。

 

 

毎日プレゼンをするのが当たり前な環境にいれば、

毎日プレゼンすることで、プレゼン力が増します。

 

 

毎日ブログを更新するのが当たり前な環境にいれば、

毎日ブログを更新することが日課になります。

 

 

毎日残業することが当たり前な環境にいれば、

毎日残業することが当たり前になります。

 

 

こういった、毎日○○する環境に身を置くことで、

自身の基準を圧倒的にあげることができる。

 

 

それが人というものです。

 

 

僕の場合、自宅で多くの成功者のセミナーを見ていました。

それだけでも、やはり違った世界に身を置いている感覚になれます。

 

 

ネットワークビジネスをやっている人なんかだと、

やっている人同士、ルームシェアをして士気を高めたりしています。

 

このように、『環境』をうまくセットすることで、

とんでもない結果や知識を身につける事ができます。

 

是非、この『環境』というものを意識して、

使いこなしていくことが重要だと思います。

 

 

僕の無料メールレターも、多くの人にとって

新しいビジネスという環境に触れるきっかけとなれば幸いです。

 

 

良かったら登録してみてくださいね。

 

→ 2014年最も確実に稼げるビジネスはコチラ

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

サラリーマンエンド

『優先度』という成功するための条件

063

 

ここでは『優先度』の重要性について語ります。

 

ネットビジネスを成功させるためには、

この『優先度』という概念は重要になります。

 

 

特にサラリーマンを続けながらビジネスをする上では

かなり重要度が増します。

 

 

優先度といえば、サラリーマンをやっていても

 

「仕事は優先度をつけてから実施しろ!」

 

なんていうフレーズをよく耳にしますね。

 

 

仕事をしていく上では基本中の基本ですね。

 

 

極端な例を出すと、

今日期限の仕事。

期限が1ヵ月先の仕事。

 

どちらを、先にやりますかというお話です。

 

 

 

これで、1ヵ月先の仕事をやってたら、

何してるんだって話になるわけです。笑

 

 

仕事で『優先度』をつける。

 

 

 

では、皆さんは人生での優先度について

考えた事あるでしょうか。

 

 

 

サラリーマンに浸かってしまうと、

ほとんどの人はこんな感じ。

 

 

仕事 > プライベート

 

まず、基本的に軸は

『仕事』と『プライベート』の2本です。

 

 

 

「仕事が急に振られたから、飲み会いけない!」

「仕事が入ったから日曜日の予定がいけなくなった。」

 

 

なんて事が代表例ですね。

 

 

これは別にいけないことではないです。

 

やるべきこと仕事を優先させる、全く問題ないですよね。

 

 

しかし、新しいサラリーマンは、ここにもう1つ

『ビジネス』という軸が入ります。

 

 

『仕事』・『ビジネス』・『プライベート』

 

こうなったときの、どういった優先度をつけますか?

 

成功しない人はどうなるか。

こうなります。

 

 

仕事 > プライベート > ビジネス

 

具体的な例を出すと、

 

 

「今日も終電でクタクタだから、ビジネスは今日はパス!」

「今日は飲み会があるから、ビジネスはパス!」

「んー、なんかやる気でないから、グダグダしよう。」

「空いてる時間でやろうと思ってたんだけど、忙しくなっていたから今はやらない!」
・・・

 

 

挙げだすときりがないですね。笑

こういう状態は危険です。

 

 

とはいえ、10回に1回くらいこういう事があるなら、

僕は良いと思ってます。

 

 

例えば、急に狙っている女の子からデートに誘われた。

なんてことがあれば、僕もそちらを優先させます。

 

 

男なので。笑

 

ただ、そんなものはレアケースで、

基本的にほとんどないわけです。

 

 

 

と言っても、僕は

 

ビジネス > 仕事 > プライベート

 

 

というほど、優先度をあげなければ成功しないとも思っていません。

 

 

もちろん、最優先させればさせるほど

結果はすぐに出ます。

 

 

僕が実際にやっていて思うのは、

成功するためのボーダーラインは、

 

 

 

せめて『仕事』と同じ優先度で実践するということです。

 

 

【成功するためのボーダーライン】

 

仕事 ≧ ビジネス > プライベート

 

 

 

 

「友達と飲み会があるから仕事を捨てて帰りますか?」

→帰らない人はビジネスもそうしてください。

 

 

「疲れている・やる気が出ないからといって仕事を休みますか?」

→休まないならビジネスもそうしてください。

 

 

 

最低限、仕事と同じレベルでやりましょう。

 

ここで勘違いしてはいけないのは

『優先度』と『それにかける時間』は比例しないということ。

 

 

何も、毎日8時間ビジネスをしろなんていう話ではないです。笑

 

 

 

体を壊しては元も子もないですからね。

 

ただ、毎日1時間なら1時間。

 

 

何があっても絶対にやるということが、
『優先度』が高いということです。

 

つまり、会社のために残業を多くできる人は確実に成功します。

 

 

 

その努力を、ビジネスに向けるだけです。

 

 

ネットビジネス業界というのは、

『楽に稼げる』ということを過剰に押しているところがあります。

 

これだけは注意してください。

 

 

確かにほかのビジネスと比べると、

成果があげやすくリスクもないビジネスモデルです。

 

 

ただ、毎日30分の作業で月収100万円!とか

普通に考えてありえないのです。

 

お金というのは、そもそも
世の中に生み出した価値に対する対価です。

 

毎日30分何かをして、100万円分の『価値』を生み出せるのであれば、

 

 

100万円稼げます。
実際、そういう能力や環境をもっている人は稼ぎますよね。

 

東京ドームでプロのアーティストがライブ30分やれば、
100万円なんて比にならない価値を生み出すわけです。

 

ネットビジネスでも、影響力のある人間が
何か告知をすれば100万円以上の価値を生み出せるわけです。

 

しかし、この記事をお読みくださっている皆さんは
まだそのような能力や環境をもっていないと思います。

 

そういう仕組みつくるために、
優先度をつけて取り組んでいきましょう。

 

 

ちなみに、僕は欲張りなので、全てやります。

 

 

 

サラリーマンで残業もしますし、

飲み会にも行きますし、

でもビジネスもする。

 

 

タイムマネジメントを身につければ、これは実現可能です。

 

 

特にサラリーマンの残業時間なんかをコントロールする方法を、

無料メールレターの読者の方にお配りしています。

 

 

 

興味あれば、ご登録下さいね。

 

→ 2014年最も確実に稼げるビジネスはコチラ

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

サラリーマンエンド

 

点と点を繋げるということ

120

 

僕は尊敬する人は誰ですかと聞かれると、

迷いなく『スティーブジョブズ』と応えます。

 

 

僕は新しいものを生み出し続けた

彼を尊敬しています。

 

彼の本は相当読みつくしました。

 

彼が重要な事を言い残しています。

 

それは

 

『点と点を繋げる』

 

ということ。

 

 

普通に聞くと、意味が分からないと思います。

 

 

しかし、これはとても重要な事。

 

 

スティーブジョブズを少し知っている方なら

ご存知かもしれません。

 

実は彼は養子としてある両親に引取られました。

 

そして、大学生になるのですが、

大学の学費が高額で両親の稼いだお金のほとんどが

学費にあてられていました。

 

 

また、学生になったジョブズには夢がありませんでした。

 

 

意外じゃないですか?

 

ここまでの偉業を成し遂げた人ですら、

学生の最初の頃には夢がなかったんです。

 

 

僕たちと変わらないですよね。

 

 

ジョブズは徐々に大学にいる事に価値を感じなくなり、

中退してしまいます。

 

その後、彼は西洋書道に興味を持ち、学び始めます。

 

 

それは美しく、歴史的で、

科学では捉えきれない繊細さがあったようです。

 

 

ここでの学びが、のちのMacの美しいフォントを実現するわけです。

 

『西洋書道』という点と、

『Mac』という点がつながった瞬間ですね。

 

 

点と点との繋がりは予測できません。
だからこそ、いまやっている事が

どこかで繋がると信じて頑張るしかない。

 

もしくは、繋がるような努力をするしかない。

 

そう彼は言っています。

 

僕にはすごくこの話がわかります。

 

僕も実は女の子にモテたいという理由だけで、

実は高校生の頃ダイエットで35kg痩せました。

 

しかし、後の就職活動で、

この『ダイエットで35kg減』というのは、誰もが興味を引くテーマであり、

僕の自己アピール最大のテーマになったわけです。

 

 

結果、就職氷河期に面接勝率90%という

ありえない数字を叩き出すことに成功しました。

 

 

そして、今ではビジネスでもこの実績は

自分をブランディングする1要素にもなります。

 

このように点と点が繋げることで、

様々な価値を生み出す。

 

自分が、過去でも今でもこれからでも、やろうとしていることは

その瞬間は1つの点かもしれません。

 

しかし、今後、どこかで線になるはずです。

 

 

僕が学生時代に出会った有名な起業家も

似たような事を言ってました。

 

 

無駄な経験はない。

それは経験を無駄にしているだけだと。

 

その瞬間した経験はただの『点』で無駄なことかもしれません。

 

しかし、その『点』はいつか別の『点』と

結びつき線となる。

 

無駄じゃなくなる瞬間があります。

 

 

そういう事を意識して頑張っていきましょう。

 

 

僕が伝えているネットビジネスは、

過去の経験を線にすることのできる絶好の機会です。

 

 

具体的には無料メールレターでお伝えしているので、

興味あれば登録してみてくださいね。

 

 

→ サラリーマンを続けながら起業家レベルの『時間』と『収入』を得る方法

 

 

僕の尊敬するスティーブジョブズの

重要なメッセージをご紹介しました。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

サラリーマンエンド